優秀コスメ

肌の若返りに化粧水と美容液が一緒になった化粧品は不向き?

肌がきれいだと気分も明るくなりますよね。 素肌美人を目指すにはスキンケアが必須です。 でも毎日やることだから、面倒な日がありますよね。そんな時は、化粧水と美容液が一緒になったオールインワン化粧品を利用しましょう。

 

化粧水と美容液が一緒になったものといえば、オールインワンのことです。でも使用感が物足りなかったり、ベタベタしたりモロモロが出るからといって敬遠していませんか?

 

そんなオールインワンの欠点をカバーし、浸透力に優れたオールインワン化粧品に人気が高まっています。肌老化の症状を予防、改善するので肌の若返りも可能です!

 

オールインワンのメリット

通常は化粧水や乳液、クリームなど それぞれのアイテムを 使い、手順を追ってお手入れするところ、一度で1つのアイテムで補うのがオールインワン化粧品です。

 

今では化粧下地まで済むものやアンチエイジング効果、 美白効果の含むものなど、様々な種類のオールインワン化粧品が出ていて、ワンステップで済むのが一番の特徴です。

 

反対にオールインワンのデメリットは 、たくさんの化粧品の効果を1つに まとめているので 、どうしても1つ1つ丁寧に順序を守ったスキンケアよりも効果が落ちてしまいます。

 

肌に浸透しない

肌は元々外部からの異物の侵入や体の水分の蒸発を防ぐバリア機能の役割を果たしています。

 

私達の肌は一番上から 角質層、表皮層、真皮層と大きく3つの層に分けられます。その中でも角質層は、皮膚表面の表皮から0.01~0.03mm程度の皮膚の 一番上にある層で、肌内部の死んだ層によって作られています。

 

そしてターンオーバーと言われている 肌の生まれ変わりは、この角質層で起きています。 しっかりケアしても 浸透しない、保湿成分の有効性を感じないのであれば、 角質層の保水力が低下している 状態。 肌が自力で保湿物質を作り出されない状態なのです。

 

潤いが物足りない

オールインワンの不満で多いので保湿力の弱さです。化粧水のように肌にスーッと入っていかないという人が多いですね。 オールインワンは便利だけど 肌の奥までしっかりと水分が浸透しないものが多く、不満に感じることがあります。

 

「化粧品メーカーはこれ1本でOKといっていたけど 物足りないから、実際には他の化粧品と併用している」 または、「しばらくすると肌が乾燥してくる」という 声もあり 、1本で済ますことが難しいかもしれません。

 

オールインワンの欠点

ベトベトする

使用感のデメリットを指摘する声もあります。一番はベタベタした使用感ですね。商品によっては時間が経つとパリパリするものや、肌の上でダマになり モロモロしてくるものも。

 

モロモロが出る

オールインワンの口コミを見ると どの製品にもべたつくという口コミを見かけますが、ベタベタして浸透しないのは理由があります。

 

オールインワンに多いゲルタイプを肌に伸ばすと 、保湿成分がその中の水分を美容成分とともに 角質層に送り込みます。ただしその速度は化粧水よりもはるかにゆっくりです。

 

水分を抱えたゲルが角質層に水分をゆっくり浸透させながら、蒸発する速度も抑えているのです。このバランスが最も取れているオールインワンが、あなたにピッタリのオールインワンと いっても過言ではありません。

 

ベタつきをなるべく減らすには 早く浸透させてしまえばいいのですが、多くのオールインワンには擦りすぎるとカスが出るという欠点があります。

 

  1. 肌に浸透しない
  2. 潤いが物足りない
  3. ベタベタする
  4. モロモロが出る

 

このような4つのオールインワンの欠点をカバーした化粧品があります。それが化粧水タイプのオールインワン、コンシダーマルです。

おすすめです

コンシダーマルの3つの特徴

  • ラメラ構造で 肌にずっと潤いを保つ
  • 30種類の美容成分がハリやツヤ、透明感
  • 1本で6役(ブースター、化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック)。ローションタイプで 浸透しやすい

 

他の製品にはなく、最も優れているのが圧倒的な浸透力です。 長時間潤いが続くオールインワン化粧水・コンシダーマルは、様々な雑誌などのメディアに掲載され注目を浴びています。 肌内部の構造と同じ ラメラ構造にすることを 100%実現した希少な化粧品です。

 

コンシダーマルはラメラ構造が特徴

 

 

美容成分だけでなく ラメラ構造にすることで肌表面に潤いの膜を貼り、いつもプルプルの潤った状態の肌に。 ラメラテクノロジー採用し 、水溶性と油溶性の成分を素早く浸透させることができます。

 

5つの合成添加物を含まない低刺激の 化粧品のため、敏感肌や大人ニキビの方も使用できます。

 

ラメラ構造とは?

ラメラ構造とは 人間の肌の内部の作りのことで、ミルフィーユ状に水分と油分が重なり合った状態です。

 

これが規則正しく並ぶと ハリやツヤのあるスベスベ肌になりますが、ラメラ構造が乱れると細胞間脂質(保湿成分)が崩れてくるので、水分が蒸発しやすくなり 紫外線の影響なども強く受けるようになります。

 

実は赤ちゃんの肌は、大人よりも 水分量も油分量も少なくて3分の1しかありません。それでも赤ちゃんの肌がプルプルなのは、ラメラ構造がきちんと並んでいるからです。

 

そこに注目して作られたのが コンシダーマルで、世界初の独自技術で ローションの100%を ラメラ構造にすることに成功しました。 すぐに美容成分を肌の奥に浸透させる ことが可能で、 蒸発させないようにすることができます。

 

肌の表面に密着するから バリア機能が強化され、紫外線に強い肌になります。紫外線はシワやくすみ、たるみ 、ほうれい線などの原因にもなり、肌老化の症状を予防、改善することも可能です。

 

オールインワンのゲルタイプは油膜感があり、 肌の表面にはりつくような 感じがありますが、コンシダーマルはそういうことがありません。 肌に薄い潤いのベールをはっている感じですね。

 

ベタベタする化粧品が苦手なら 使いやすいです。一番に感じる効果はしっとり感です。 初めて手にした時、本当に肌の奥に浸透していくのが 早いのでびっくりしました。

 

一見普通の化粧水みたいなのに、本当にこれ1本でスキンケアがOKです。化粧水タイプのオールインワンでもずっと潤いが続きます。

 

コンシダーマルは、肌の若返りに化粧水と美容液が一緒になったオールインワン化粧品です。毎日の基礎化粧品代や スキンケアにかかる時間が大幅に短縮でき 、ストレスなしの生活になります。

 

このような方は、コンシダーマルを試してみる価値があります。

  • スキンケアで手間を省きたいけど従来のオールインワンでは物足りなかった
  • ラクをして潤いを長時間持続させたい
  • 化粧水、美容液、乳液、クリームと重ね塗り しなくても同じ効果がほしい
  • 肌の奥まで潤いを届けたい
  • エアコンの乾燥から肌を守りたい
  • 本当に1本で済むオールオンワンを選びたい
  • 高級フルセットに匹敵するオールインワンを探している
  • ベタベタするオールインワンは嫌

 

オールインワンのコンシダーマルはうるおい感が長時間続く

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



敏感肌でもOK!化粧品人気ランキング


おすすめ記事

スポンサーリンク