40代女性の悩み

何をしても乾燥します!頑固な乾燥肌は治りませんか?

昔から顔が乾燥しやすいのが悩みの種です。化粧水がしみ込まないし、保湿剤を塗っても少しすると乾き、乾燥すると痒くなることも。クリームを塗っても時間が経つと乾燥してしまうから、つらくなることがあります。

 

肌の乾燥がひどくて保湿クリームを塗っても、なかなか治らない頑固な乾燥肌に悩む人も少なくありません。

 

乾燥している時の肌を触ってみると、表面はガサガサです。化粧品を何もつけないでいると、ガサガサになっているんです。肌はどんな状態なのかというと、肌バリア機能が壊れて、スカスカ状態になっているのです!

 

乾燥している肌の状態

乾燥した表面というのは、ひび割れた大地と同じです。ほんの少し水を垂らしても染み込むばかりで、豊かな土壌に戻すのは大変なんです。

 

皮膚は表皮と真皮、皮下組織の3層構造になっています。表皮の一番下にある基底層で新しい細胞が作られ、有棘層、顆粒層、角層と順番に上がっていき、最後にとなって剥がれ落ちます。これをターンオーバーといいます。

 

一度乾燥すると、肌の表面は守るバリア機能を失っている状態に。そのためターンオーバーが早くなり、新しく生まれる肌が未熟な状態で露出するので余計に乾燥してしまうのです。

 

皮膚の表面は、正常な肌は角質層の形が整っています。それが乾燥肌では、角層が不均等でガサガサと剥がれている部分もあります。まさに、肌表面が壊れてスカスカな状態になっているのです。

 

壊れたバリアから肌の奥まで外部の物質が侵入し、肌表面の細部がスカスカになっているとバリア機能が失われ、外部からの異物の侵入が容易になってしまいます。

 

頑固な乾燥肌の対策はある?

頑固な乾燥肌に打つ手はないのか、解消された方の口コミをいくつか調べてみました。

乾燥肌は皮膚表面のバリアが壊れ、底から水分や栄養分が抜けて刺激に弱くなっている。化粧品ではセラミドを使うのが有効です。
乾燥肌に効くのは内側からの水分補給。1日1.5~2リットルを目安に飲んでみる。
体の内側から水分を補給で白湯を飲むだけです。綺麗な水をやかんで沸かし、蓋をしないで5分間沸かします。ポットなどに入れ保温し、飲む時は自分の適温で冷まして飲みます。1日1リットルぐらいの量をすするように少しづつ飲みます。皮膚にうるおいが出てきて、粉吹きが解消しました。
乾燥を防ぐなら化粧水よりも乳液、肌にフタをすることです。脂性肌の人は加齢に伴う皺や乾燥肌が圧倒的に少なく、それは油膜で肌が常に保護されているから。洗顔後は特に乾燥するので、化粧水で水分を補うよりも油分でフタをするようが良いです。
お化粧を落としたあとにクリームを塗ることでだいぶ良くなりました。オイルクレンジングを水ベースの物に変えたことも良かったです。即効性でいうならスクワランや馬油を試してみるといいです。
乾燥しやすい人はお湯で洗顔していませんか。特にメイク落としを人肌の温度より高い温度で洗うと、油分が溶け出すので乾燥しやすくなります。

 

それでも、どんなに頑張っても乾燥してしまう乾燥肌に、いくら水分を与えても、オイルを与えても根本的には治らないことがあります。

 

実は、化粧水や美容液クリームなどによるケアでは、根本的な乾燥肌の改善につながらない場合があるのです。その時は医薬品のケアを検討してみるのも良さそうです。

 

乾燥ケアに効く成分は、尿素・ワセリン・ヘパリン類似物質

 

乾燥肌の対策

肌の乾燥をケアする成分に尿素、ワセリンなどがあります。尿素は乾燥して潤いをなくした肌表面の角質層を柔軟にします。ワセリンは被膜の役割をすることで、肌が失ったバリア機能を補ってくれます。

 

もう一つ、乾燥ケアに効果的であると注目を集めているのが、ヘパリン類似物質です。保湿に効果的だったり炎症予防にもおすすめです。さらに血行を促進してくれる作用も。

 

この3つは肌に対する効果が異なるため、その特性を理解せずに使用すると、きちんと治らずに乾燥肌を繰り返すことがあります。

 

乾燥肌を救ってくれるのはヘパリン

皮膚科医

皮膚科で圧倒的に処方されているようですが、乾燥肌の悪循環に陥った肌を救うのは、ヘパリン類似物質です。尿素やワセリンが肌の表面に作用するのに対して、肌の奥まで浸透して肌が本来持つバリア機能を修復してくれます。ヘパリンは乾燥肌を根本から治す成分なのです。

 

乾燥に効くと市販薬の中で主流になっている尿素は、肘や膝、かかとなどの角質が肥厚している部位に用いられます。しかし、広く乾燥肌の改善を目的に使用されるのはヘパリンで、刺激が少なく全身どこにでも使うことができます。

 

赤ちゃんから高齢者まで全ての方が使えるのも安心ですね。ドラッグストアで購入できますので、頑固な乾燥肌で悩んでいたら、ぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


敏感肌でもOK!化粧品人気ランキング


おすすめ記事