ヘアケア

シャンプーで頭皮がかゆい!何を使っても後頭部が痒い対策

頭皮がかゆいって本当にストレスになりますよね。頭皮のかゆみは様々な原因によって引き起こされます。

 

毎日きちんとシャンプーをしているのにかゆい、あるいは頭の一部分だけではなく全体がかゆいといった場合、頭皮の乾燥が原因であったり、シャンプーが合わないといったことが考えられます。

 

頭皮の乾燥

意外と見落とされがちですが、頭皮は皮膚の一部です。乾燥肌になるとかゆみが出るのと同じように、頭皮も乾燥すると外部からの刺激に弱くなり、外部からの異物や刺激が原因で痒みが発生することがあります。

 

かゆみの原因が乾燥であれば、何と言っても最善の対策は頭皮の角質層の水分保持力を健全に保つことです。それでも乾燥する場合、不足する分を外部から補う必要があります。

 

シャンプーが合わない

シャンプーした後に後頭部が赤くなり痒みがある場合、シャンプーが体質に合っていないかもしれません。シャンプーの量を減らし、直接後頭部につかないように髪で泡立ててみたり、スポンジやネットを使ってシャンプーを泡立ててみて下さい。

 

また頭皮がかゆいとつい力を入れて髪を洗いたくなるものですが、これは絶対にNGです。ゴシゴシ力を入れたり爪を立てて洗うと、頭皮の角質層を傷つけてしまうからです。

 

そうすると頭皮のバリア機能や水分保持力が低下し、よけいに痒みや乾燥を招いてしまいます。傷ついた頭皮は炎症を起こし、その炎症がさらに痒みを増強させたり継続させることにもなりかねないので、注意が必要です。

 

後頭部のかゆみはシャンプーが原因?

シャンプーは、すすぎが一番重要であることは知っていますか? 後頭部が痒くなる場合、シャンプー剤が残っているかもしれません。

 

夏場に多いですが、温度が低いシャワーで済ませるとシャンプー剤がきれいに洗い流せずに残ってしまうことがあります。シャンプーの成分が後頭部に残ると乾燥するので、とても痒くなります。ちゃんと流したつもりでも割と残っています。

 

髪の悩み

 

毎日シャンプーをしてもきちんと洗い流さないと、シャンプーが地肌に残ったまま乾いて細かいフケ状になるし、地肌が痒くなります。シャンプー、コンディショナーは丁寧に流すようにして、少し熱めのお湯を地肌が熱く感じるまで濡らし、その後シャンプーしてみて下さい。

 

頭皮には爪を立てずに指の腹で頭皮をマッサージしましょう。あとは地肌までしっかり乾かして寝るを繰り返すうちに治ってくるはずです。

 

シャンプーを何使っても痒くなる時の対策

シャンプーを何使っても痒くなるとつらいですよね。今使っているヘアケアの香料や添加物が合わない可能性があるので、シャンプーを見直してみるのも良いかもしれません。肌に合わない場合、直ぐに使用をやめたほうが良いです。

 

シャンプーは色々な化学薬品が使われています。まずシャンプーの成分を見て、高級アルコール系の部類であるラウレス硫酸、スルホン酸が入っていたらやめます。アミノ酸シャンプーは頭皮の乾燥を招かないので、ココイル~(アミノ酸系)に変えればだいぶ改善します。

 

私は何かが原因で後頭部周辺がかゆくなってしまい、頭皮が痛いと感じることが続いていました。市販のサンプルを購入するなど、色々なシャンプーを試したりしていました。

 

ドラッグストアなどで手に入る市販のシャンプーでは、第一三共ヘルスケアのミノンや、クラシエのひまわりが良かったですが、それでも毛先が乾燥したり、痒みが少し気になったりして、これだ!と思うものは見つかりませんでした。

 

今は石鹸シャンプーに落ち着き、アレッポやミヨシの石鹸シャンプーを使っています。シャンプーと比べるとはじめはゴワゴワしますが、少し経てば自然とゴワゴワ感がなくなってきます。

 

シャンプーだとコシがなくなりサラサラしすぎていましたが、石鹸シャンプーは髪にハリやコシが出るようになりますので、ボリュームがなくなったと嘆いている方にもおすすめです。

 

特に良かったのは、シャンプーの何を使っても毛先がパサパサだったのに対し、石鹸シャンプーとクエン酸リンスにしてからは、乾燥がおさまってきたことです。

 

石鹸素地って肌に良くないという話を聞いたことがありますが、それってどうなんでしょうか? 皮膚科では洗顔に純石鹸をすすめるようですが、どんなシャンプーを使っても痒かった私には石鹸シャンプーは合っていました。

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


敏感肌でもOK!化粧品人気ランキング


おすすめ記事

スポンサーリンク