アンチエイジング

健康で美しい肌のコンディションを作る3つの重要なポイント!

投稿日:2013年6月8日 更新日:

美しい肌のコンディションを作るために重要なのは、ズバリ!次の3つです。

 

スポンサーリンク

k_002保湿
k_002ターンオーバーの促進
k_002抗酸化(肌細胞の酸化防止)

 

この3つがきちんと行われて、肌に必要な成分を届けることができれば、健康でキレイな肌を保つことができるのです!次々に発売される新製品も、新情報もすべてはこのためなのです。

 

保湿

スキンケアに一番必要なものは、あちこちで、よく耳にしますが、保湿です。しかし、保湿化粧水といわれるものを使ったり、化粧水パックをすることで、保湿はバッチリだと思っていませんか?残念ながら違っています。

 

保湿の目的は、肌に存在する水分を保つためです。肌の水分は、体の中から湧き上がってくるものなので、スキンケアで補給できるのはキメを整える程度です。

 

保湿のバリア機能を保つお手入れは、洗いすぎず、角質を落としすぎないことです。基礎化粧品で行う大事なことは、潤い成分でキメを整えて、その後に水分を肌に留めておく成分を補うことです。

 

保湿に必要な成分

潤いに必要な成分は、ヒアルロン酸が有効だといわれています。そして、水分が蒸発しないように肌に留めておくにはセラミドが効果的です。

 

セラミド配合のおすすめ化粧品です。

高級馬プラセンタ・セラミド配合リマーユ美容液でハリのある弾力肌

 

その上に、スクワランなどで油膜を張れば、ダブルの効果で水分の蒸発を防いでくれます。

 

ターンオーバーの促進

ターンオーバーとは肌代謝のことですが、代謝がよければ、新しい肌の細胞がどんどん作られ、古い肌細胞は、垢となってはがれ落ちます。

 

しかし、年齢を重ねるうちに、代謝は悪くなり、はがれ落ちるはずの垢がいつまでも肌に残ってしまい、くすみやごわつき、シミの原因になっています。

 

ターンオーバーに必要な成分

ターンオーバーを促す代表的な成分は、AHA(フルーツ酸)です。酸が古い肌細胞を除去することで、肌代謝が活発になり、くすみは解消されて、その後に行う化粧品の浸透率もよくなります。

スポンサーリンク

 

抗酸化

細胞自体が元気でないと、保湿もターンオーバーも効果は半減してしまいます。細胞を老化させる最大の原因は、肌細胞の酸化(サビ)です。

 

酸化とは、10円玉をずっと放っておくと黒くなることをいいますが、体もある影響を受けることで、活性酸素という物質が生まれ、肌が酸化してしまうのです。

 

この酸化を引き起こす原因は、紫外線、ストレス、喫煙、食生活の乱れ、運動不足、ホルモンの影響といわれています。体内でこの酸化を防いでくれるのが抗酸化物質で、効率よく体内に取り込むことができれば老化を最大限に食い止めることができます。

 

抗酸化に必要な成分

抗酸化物質の中でスキンケアの成分として、現在一番強力で安定していると言われているのがフラーレンです。これは、ノーベル化学賞が授与されたほどの素晴らしい発見です!その他にもビタミンC誘導体や、ポリフェノール、ナイアシンなどがあります。

 

フラーレン配合化粧品をピックアップしました。

しわやたるみ対策におすすめの化粧品はフラーレン配合のフラセラ

ホメオバウ スターターセットは年齢に負けないみずみずしい透明肌に

美肌を育む還元型コエンザイムQ10とフラーレン5%配合美容液

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-アンチエイジング
-, , ,

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.