美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

アンチエイジング

肌が年齢とともに老化する仕組みを知って若返りを心がける

投稿日:2013年2月17日 更新日:

肌はどのように老化してくるのでしょうか。年齢とともに肌が老化してくる主な原因は、次の4つに絞られるとされています。

①紫外線による光老化

grey

 

紫外線は実に恐ろしくて、わずか数分間だけ浴びるだけでも肌にダメージを与えてしまいます。長い年月にわたって紫外線を浴びると、シミ、シワ、たるみを引き起こす大きな原因となります。

 

②細胞の酸化

体内で増加した活性酸素の影響で、体のあちこちがサビついてくることです。皮膚に関しても同じで、活性酸素が真皮のコラーゲンを硬くしたり、繊維を破壊したりするため、皮膚の酸化が進んで、弾力が失われ老化が進んでしまうのです。

 

③肌の乾燥

皮膚の潤いを保つ角質層の3つの成分が年齢とともに、低下することが原因でおこります。

 

その3つの成分とは何でしょうか?

 

まず1つは天然保湿因子(NMF)です。角質細胞がもともと持っている天然の保湿成分で、肌にしっとりとした潤いを与えています。

 

次に角質細胞間脂質です。これはコレステロールや脂肪酸などセラミドを主体にした脂質分子で、肌の潤いを保っています。

 

3つめが皮脂です。これは皮膚表面の脂分で皮脂線を作り、皮膚の表面を覆って乾燥しないようにしています。

 

この3つの成分は、20歳を過ぎるころから次第に減少していきますが、乾燥が進めば皮膚の表面の角質層も乾き、はがれやすくなります。

 

角質層の隙間から水分が蒸発していくようになり、表皮はどんどん薄く、硬くなってしまいます。次から次へと小ジワができていくことになります。

 

④皮膚が薄くなっていきます

sinpi

 

これは加齢とともに、徐々に皮膚が薄くなっていく現象です。真皮の中のコラーゲンやエラスチンの量が減少するのが原因で、肌の潤いや弾力がどんどん失われていきますが、女性ホルモンの減少が深く関わっています。

 

女性ホルモンは20~30代をピークに減少していきます。コラーゲンの生成も低下し、肌から若々しいふっくらした感じが失われていきます。

 

このように様々な原因で肌の老化がおきます。年をとれば老化は避けられませんが、原因がわかれば、予防・改善が不可能ということはありません。

 

シミ、シワ、たるみ、乾燥など…悩みがあってもあきらめずに、肌の若返りを常に心がけたいものですね。

 

アンチエイジング化粧品ならこちらが一押しです

プロテオグリカン原液100%の無添加美容液、PG2ピュアエッセンスです。今話題のプロテオグリカンの高純度原液美容液は、使用者の95%が効果を実感しています。
年齢肌による乾燥に悩んでいて、いつまでも若々しくいたい方、本気でエイジングケアをしたい方におすすめの化粧品です。

 

色々な美容液を使ってみましたが、その中でもプロテオグリカンはかなり良かったです。レビュー記事はこちらへ

プロテオグリカン原液PG2ピュアエッセンスの保湿力で年齢肌対策

 

-アンチエイジング
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2019 AllRights Reserved.