アンチエイジング

活性酸素を抑える肌の味方!抗酸化化粧品でアンチエイジング

投稿日:2013年3月29日 更新日:

人は呼吸したり、様々な活動をすると体内で活性酸素が発生します。この活性酸素が健康な細胞を酸化して体をサビつかせて傷つけていることになります。活性酸素は肌老化の大きな原因になっているのです。

 

スポンサーリンク

肌老化を食い止めるためのエイジングケア

「老化=酸化」といってもいい過ぎではありません。活性酸素を分解する抗酸化力は加齢とともに低下してきます。次々発生する活性酸素を処理しきれなくなり、肌老化が加速してしまうのです。

 

最近では、活性酸素によるサビつきから肌を守るために、抗酸化力のある成分が配合された化粧品が開発されています。肌老化を防ぐためには、抗酸化化粧品をスキンケアに取り入れることをおすすめします!

 

化粧品に配合されている抗酸化成分は、ビタミンC誘導体やナイアシン(ビタミンB3)、ポリフェノール類などです。抗酸化化粧品はシミ、シワ、毛穴の開きなど、様々な肌悩みを予防するのに役立つ強い味方ですよ。

参考:アットコスメの抗酸化作用口コミ

 

抗酸化成分にリコピンも含まれています

tomato

スポンサーリンク

リコピンはトマトに含まれる赤い色素で、カロテノイドの一種です。強い抗酸化作用を持っていて、紫外線を浴びることで肌に生じる活性酸素を除去します。またメラニンの生成を抑制する美白効果もあります。

 

ダイエットサプリの夜スリムトマ美ちゃんは、CMをやっているので知っている人も多いと思いますが、何とトマト3個分のリコピンを配合しているので、美肌にもいいのですよ。

 

ビタミンCとEが活性酸素を退治!

活性酸素を撃退する栄養素の代表は、ビタミンCとEです。ビタミンCは体内の水分の中で、Eは脂質の中で、それぞれ活性酸素の「退治」をしてくれます。

 

活性酸素を退治したビタミンEはそのとたんに、活性酸素と同じような性質をもつ物質に変化してしまいますが、すぐそばにビタミンCがあれば、その物質に作用して元のビタミンEに戻してくれます。

 

CとEはそういう協力関係にあるので、いっしょにとるように心がけます。ビタミンCは野菜やイチゴ、レモンなどの果物類、ビタミンEはウナギやナッツ類、植物油などに多く含まれています。

 

どうしても不足気味だという人は、サプリメントで補給するようにしましょう。赤ワインのポリフェノールをはじめ、緑茶のカテキン、ごまのセミノール、大豆のイソフラボンなどの、抗酸化成分が注目されています。

 

これらのものを積極的にとって、アンチエイジング対策に役立てたいですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-アンチエイジング
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.