美容オタクによる素肌美人になるための美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケア、アンチエイジングなど、女性がきれいになる美容情報を紹介しています。

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

40代の肌の悩み

敏感肌・アレルギー肌

ごわつきやピリピリ!肌トラブルを対処する秋のスキンケア

投稿日:2017年10月20日 更新日:

あなたは経験ありませんか? 普段何の問題もなく使っていた化粧水が急にピリピリとしみる、肌荒れを起こしてしまったなんてこと。もしかすると、それは季節の変わり目ではありませんでしたか?

 

夏のダメージが原因で秋に出てきてしまう肌トラブル。紫外線にさらされる機会の多い夏が終わり、空気が乾燥し始める秋頃は、特にトラブルの起きやすい時期です。

 

肌のバリア機能が低下すると、乾燥をはじめ、かゆみ、ヒリヒリ感、ムズムズといった不快な症状がでてきてしまいます。実は、肌の老化リスクは一年を通して秋がピークであり、秋は一年で徹底したケアが必要な時期でもあります。

 

秋に肌の調子が崩れる理由

40代の肌の悩み

季節の変わり目に肌トラブルが多い一番の理由は、気温や湿度の変化です。気温や湿度が変化すると自律神経を乱してしまうため、身体もそれに対応するまで風邪をひきやすくなったりします。

 

外気に常にさらされている肌にとってはなおさらで、気温と湿度の変化というのは、かなりのストレスになってしまいます。

 

最も肌がゆらぎやすい春先は、気温の変化や花粉、ホコリなどのアレルギー源、紫外線の増加、新年度の切り替わりということもあり、生活環境や人間関係にも変化があります。そうしたストレスの影響も無視できません。

 

秋の肌トラブルで肌がごわつく

季節の変わり目である秋は、肌荒れに悩む季節です。これは過酷な夏の暑さのダメージが残っているところに、急激な気温と湿度の低下に肌がさらされることで、肌のコンディションが崩れてしまうことが原因です。

 

急に寒くなったなど、寒暖差があるほど肌にかかるストレスも増加してしまいます。紫外線を多く浴びると肌表面の角層が乾燥するだけでなく、肌内部のコラーゲンやエラスチンがダメージを受け、潤いと弾力が減少します。

 

バリア機能も弱まり、それらの刺激を肌は自らを守ろうとするため、肌表面の角質が厚くなります。その結果たるみを引き起こしてしまうのです。

 

でもこの敏感な状態が、ずっと続くわけではありません。乾燥状態になってから1週間ほど経つと、角質層が厚くなってきます。そうなれば当然、バリア機能が高まって刺激に対しても強くなります。

 

あなたは角質の色って知っていますか? 実は角質って「グレー」なんです。角質層が厚くなればなるほど、肌はどんどんくすんで見えてきます。 ですから角質層が厚くなる前に何とかしなければなりません。

 

肌がピリピリして乾燥してしまう

夏の終わりから秋にかけては夏の疲労が肌の現れやすいので、そのせいで肌が普段よりも敏感になっているかもしれません。

 

夏に外出することが多かったりすると、紫外線をたくさん受けていたり冷たいものをたくさん食べていると、代謝が悪くなっているのが原因です。秋も春と同じく花粉が飛んでいるので、もしかするとそれが肌に悪影響を与えている可能性もあります。

 

バリア機能が低下すると、普段は浸み込むはずのない深さまで化粧水が浸み、刺激を感じてしまいます。この肌状態では、たとえばほんの少し食塩を溶かした塩水でも刺激を感じます。

 

つまり、どんな化粧水でもピリピリと刺激を感じてしまう状態なのです。ですから刺激を感じるのは化粧水の問題ではなく、肌の状態の問題です。

 

この季節におすすめのスキンケア

季節の変わり目にトラブルなく美肌を保つために、どんなケアをするべきなのでしょうか? 肌がごわつく、かさつき、たるむなど様々な状態がありますが、中でも特に注意したいのは肌のごわつきです。

 

夏に受けた紫外線で肌が厚く硬くなっているので化粧水が浸透していないことが多いです。ですから肌を柔らかくすると良いでしょう。保湿ケアの前に厚くなった余分な角質を取り除くことが大切です。

 

マッサージをしながら洗い流すタイプのものや、塗るだけで洗い流し不要なものもあるので、肌の悩みや目的に合わせて選択すると良いです。角質を整えたら保湿ケアです。化粧水の前に、次に使う化粧品の浸透を高める役割がある導入美容液などを使用するのもおすすめです。

 

ワンステップ加えるだけで化粧品の入り方の違い、翌朝の肌状態の違いが感じることができます。乾燥に立ち向かうには、やはり保湿は重要です。しかし、保湿ケアは乾燥を感じてからではもはや手遅れです。

 

乾燥を感じ始める前から保湿ケアをはじめ、乾燥時期になっても肌を乾燥環境にさらさないようにケアすることが大切です。乾燥時期になったら保湿化粧品などで肌の水分が逃げないようにフタをするケアをして、角質層が厚くなりすぎるのを防ぐことができます。

 

その結果、透明感のある肌を維持することができます。私はスキンケアはきちんとしますが、保湿を徹底すること、紫外線対策を一年中することにこだわっています。

 

いちばん大切なのは何と言っても保湿です。これから乾燥が厳しい季節になっていきます。保湿力の高い化粧品を基準にして選んで使ってみるのもおすすめですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

キミエホワイトプラス

 

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 ホワイトニングリフトケアジェル

 

朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 新しくなったナールスピュア

 

2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-敏感肌・アレルギー肌

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2017 AllRights Reserved.