美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

敏感肌・アレルギー肌

敏感肌はスキンケアしない・何もつけないとどうなるか?

投稿日:

40代ノーファンデのポイント

自分の肌は敏感肌と感じる人が多いようですが、肌が敏感になってると感じたら肌が弱まっているサインです。敏感肌はバリア機能の低下が最大の原因です。

 

肌本来が持つ機能を目覚めさせ刺激に強い肌にするには、自分の肌を甘えさせないことも大切です。まずは肌のバリア機能を取り戻すことです。肌のターンオーバーを正常にして健康な細胞を作りましょう。

 

外的要因やちょっとした刺激にも弱い敏感肌は、気にかけながらケアしがちですが過剰なスキンケアが改善を妨げていることがあります。敏感肌の人は特に洗顔に気を付けたいものです。メイクをしていないときはぬるま湯洗顔にかえてみて下さい。

敏感肌は肌に何もしないスキンケアがいいの?

何もつけない、何もしないスキンケアといえば「宇津木式」が少し前に流行りました。その中でうまくいかなかった、失敗してしまったと思っている方もいるだろうと思います。これには宇津木式のスキンケアの本質を知ることが大切です。

 

宇津木先生は北里大学医学部を卒業し、日本では数少ないアンチエイジング治療専門の美容形成外科医です。元はやけど治療から生まれたものでした。「付けない、擦らない、洗いすぎない」がベースになります。

 

この方法は本当に何もしないスキンケアです。ファンデーションも使わずメイクもしない、一つの治療法といっていいかもしれません。水かぬるま湯による洗顔だけでどうしても乾燥する時はワセリンを少し使うだけです。

 

何もしない宇津木式スキンケアは、

  • 化粧水や乳液などスキンケアを一切しない。
  • ファンデを含むメイクを基本的にしない、クレンジング剤を使わない。
  • 簡単なポイントメイクは純石鹸で落とす。逆に言うとそれで落ちないメイクはしない。日焼け止めもNG。

 

化粧品を使うたびにヒリヒリしたり赤くなったリするときは、化粧品は何もつけないのが一番です。現在ちょっと乾燥する、毛穴が気になる、ニキビがたまにできる程度なら無理に宇津木式をする必要はありません。

 

スキンケアしないとどうなる?

「毎日スキンケアが面倒、化粧水やクリームって意味があるの?」スキンケアをしない場合、肌がどんな状態になるのか? スキンケアをしないとどうなるのでしょうか。

 

肌は常に刺激にさらされています。紫外線には肌細胞を変質させる有害な波長が含まれています。洗顔料の洗浄成分は肌を守る皮脂を落としすぎてしまうこともあります。洗顔するとき肌をこすると摩擦が起きるし、目に見えないほこりなどもあります。これらは肌を刺激します。

 

こういったあらゆる刺激から肌を守るのが角質層やバリア機能です。ただ角質層は0.02㎜の厚さしかありません。日頃スキンケアをしているとダメージを修復し肌の状態を回復できます。

 

しかしスキンケアをしないと肌が持つ力に頼り修復を行います。この自ら修復する働きは加齢やダメージとともに低下されるため、将来的には老化やトラブルが引き越されてしまうことになります。

 

ダメージは回復させないとどんどん溜まってしまいますので、自分の肌に合ったスキンケアをすることが大切です。肌の状態を保ち将来も美しい肌でいるための秘訣といえます。

 

肌におこる不調には様々なものがあります。吹き出物や毛穴の開きシミやしわなど、実はこれらの悩みはほとんどが乾燥が関係しています。スキンケアを面倒に感じる人はたくさんつけなければいけないと思っているかもしれません。実際に必要なスキンケアはシンプルです。

 

毎日のメイク汚れをきちんと落とし、肌表面がきれいな状態に水分を入れ込みます。さらに水分が逃げないようフタをしてあげるだけで良いです。高価な化粧品をたくさんつけるよりも、汚れを丁寧に落とし時間をかけて肌に潤いを与えてあげるのがベストです。

 

実体験で感じたのは、スキンケアはするべき

美肌は食べるものや睡眠、ストレス紫外線など様々なものが作用しているので、化粧品だけに頼ってもいけません。肌に良いものを食べて良質な睡眠をとり、ストレスの少ない環境で紫外線にも気を付けると良いです。

 

「スキンケアはするべきだけど肌をこすることはしない」これを守ればスキンケアに意味があります。

 

化粧水は手のひらで広げ肌にはそっとのせる程度です。ぎゅっと押し付けたり手のひらで擦るように広げたりしていません。化粧水に関してはつけない方がいいと言っている人もいますが、クリームや美容液が肌に負担に感じる時ほど化粧水だけで十分です。

 

「化粧水だけでは乾燥すると聞くけど??」現在セザンヌのセラミド化粧水を使っていますが、プチプラ化粧水の中では一番いいです。今月は体調が悪い時があり、セラミド化粧水だけ使っていた時期がありましたけど、肌の調子は悪化しませんでした。

 

万能なワセリンも良いです。ワセリンは原油を精製したものです。肌に良くないと思われがちですが原油の元は動物や植物です。天然成分が生成されているので、アレルギーを引き起こしたり副作用はほぼありません。

 

オススメなのは白色ワセリンやヴァセリンです。肌に塗ると膜となりバリア機能の代わりをしてくれます。肌を保護しながら刺激はほぼないので荒れた肌にも使えます。

 

化粧水の後ワセリンを薄く塗ることで外部刺激から肌をガードしてくれます。自分の力で保湿成分を作り皮脂分泌ができるように助けます。ただワセリンはベタベタする使用感が苦手な人もいますね。

 

生活習慣の見直しも必要

敏感肌の改善にはスキンケアの見直しが必要ですが、生活習慣を正すことも重要です。根本から改善するには肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期を正常に保ち、整えることが大切です。

 

紫外線やホルモンバランスの乱れ、ストレス、睡眠不足など肌にとって悪影響な生活習慣をしていると乱れやすくなります。肌の再生力が弱まるので内側からも肌に優しい生活を心がけるといいです。

 

本気で改善するなら油分の摂りすぎや、お酒の飲みすぎは気をつけた方がいいです。食事こそスキンケアという意識で見直すことも大事なことです。

 

まとめ:敏感肌はスキンケアや生活習慣を見直してみる

女性なら誰でもきれいでいたいと思っています。しかし加齢やダメージとともにバリア機能は低下されてしまうので、将来的に老化やトラブルが引き越されることになります。

 

ダメージは回復させないとどんどん溜まってしまいますので、自分の肌に合ったスキンケアをすることが、肌の状態を保ち将来も美しい肌でいるための秘訣です。敏感肌が改善されずに悩んでいたらスキンケアや生活習慣を見直してみて下さい。

-敏感肌・アレルギー肌

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2019 AllRights Reserved.