美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

敏感肌・アレルギー肌

花粉の季節に起きるアレルギー肌の正しいスキンケアとメイク

投稿日:2013年2月14日 更新日:

春から夏は紫外線が強い

毎年春に必ずあらわれるものといえば…花粉症ですね。鼻がつまったりかゆくなるのもつらいですが、肌がかゆくなるのもつらいものですね。普通肌の人でも季節の変わり目は敏感肌になってアレルギーを起こしやすくなります。

 

スポンサーリンク

肌にアレルギー反応が起きるワケ

どうして肌にアレルギー反応が起こるのかというと、敏感肌は過度の乾燥により、皮脂が不足状態になっています。ほこりや花粉などが侵入しやすくなって、かゆみなどのアレルギー反応が起きてしまうのです。

 

アレルギーを起こしている状態でかゆみがなくなるようにと、懸命にスキンケアを行っていませんか?化粧水、美容液、乳液などはアレルギー肌に浸透しやすく刺激になってしまう可能性があります。染みると感じたら使用をストップした方がいいですよ。

 

アレルギー肌の正しいスキンケアは?

アレルギー肌はワセリンなど、粘度の高いワックスタイプのオイルをつけるだけにしてみましょう。ワセリンは@コスメでも非常に人気があります。

スポンサーリンク

⇒ 日本薬局方 白色ワセリン

 

クリームよりもワックスタイプの方が肌に吸収されにくく、刺激も少ないのです。アレルギーと乾燥がおさまってきたら、セラミド配合のスキンケアに切り替えていくのがおすすめです。

 

花粉の季節のメイクはどうすればいいのでしょうか?

花粉は液体のものにつきやすく、パウダーにはつきにくいといわれているので、パウダーファンデーションを使うのがおすすめです。すっぴん肌よりもパウダーをつけたほうが花粉やほこりがつきにくくなります。

 

セラミドとは?

角質と角質の間にある脂質で、水分の蒸発を防いだり、コラーゲンなどの保湿成分を安定化させる働きがあります。セラミドは肌の一番上(角質層)に存在しています。化粧品でセラミドを補うことで、もともと存在するセラミドと同じような効果がでるといわれています。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-敏感肌・アレルギー肌
-,

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.