敏感肌・アレルギー肌

乾燥肌・敏感肌の人がクレンジングオイルを使うと肌が荒れやすい!

投稿日:2013年11月6日 更新日:

メイクがするりと落ちるということで、クレンジングオイルが人気です。

 

スポンサーリンク

クリームや乳液タイプのクレンジング剤に比べて、メイクや皮脂汚れを落とす力は抜群なのですが、使いすぎると肌が乾燥しやすくなるのはご存知ですか?

 

肌荒れの原因はオイルクレンジングの可能性があります

オイルが乾燥しやすいのは、界面活性剤が多く含まれているからです。

 

界面活性剤は、水と油をなじませる役割を持っていて、汚れを落としたり、泡立ちをよくしたり、肌への浸透力を高めたりと様々な働きをするので、コスメから、洗剤、シャンプーなど、あらゆるものに使われています。

 

しかし、洗浄作用がある界面活性剤の量が多いとクレンジング効果が高くなり、角質層の潤い成分を必要以上に取り去ってしまうのです。私もクレンジング剤を洗い落とした後「いつもより乾燥するな…」と感じる事があります。

 

そうすると、角質層の保湿機能やバリア機能まで低下してしまうので、肌のかさつきや、肌荒れの原因になってしまいます。

 

乾燥肌・敏感肌の人はオイルクレンジングは控えめに

クリームや乳液タイプのクレンジング剤にも界面活性剤は含まれていますが、クレンジングオイルはすすぎの際、瞬時に水と油を乳化させているため、多くの界面活性剤が含まれているのです。

 

クレンジングオイルは、クリームタイプよりも約3.75倍乾燥しやすいというデータもあります。

スポンサーリンク

 

オイルタイプは、しっかりメイクする人やオイリー肌の人にとっては、メイクも皮脂汚れもきれいに落ちる優れものですが、少し刺激が強いので、乾燥肌や敏感肌の人は控えめに使用した方がいいかもしれません。

 

クレンジングオイルは、自分の肌状態やメイクの濃さに合わせて、必要な時だけ使用するようにしましょう。小鼻やTゾーンの皮脂汚れがよく落ちるので、週に1回使用するぐらいならいいと思います。

 

そうすることで、毛穴づまりによるニキビを防ぐことができます。

 

クレンジングに時間をかける必要はありません

「肌の汚れを落とすことが美肌の秘訣!」と念入りにクレンジングを行うのは逆効果です。長時間クレンジング剤を肌にのせる事や摩擦をかけることも、肌に負担がかかってしまいます。クレンジングは素早く、力を抜いて行いましょう。

 

敏感肌OKのクレンジング剤はアクアヴィ クレンジングクリームです。

敏感肌やアトピー肌にもやさしいアクアヴィ クレンジングクリーム

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-敏感肌・アレルギー肌
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.