敏感肌・アレルギー肌

春はアレルギーの敏感肌になりやすい!ライトなケアがおすすめ

投稿日:2013年3月17日 更新日:

肌は常に一定ではありません。季節の変わり目や体調や生活環境の変化により、肌のバランスが崩れて、一時的に敏感で不安定になってしまうことがあります。

 

スポンサーリンク

肌が敏感で不安定になると、いつもと同じケアをしているのに、肌全体がカサカサしたり、ときにはかゆみを伴うことも。

 

これは肌のバリア機能が弱まっているサインです!

湿度や温度などの急激な変化に肌が付いていけずに、バリア機能が低下してしまうのです。外的環境の急激な変化や乾燥、紫外線により、素早く適切なお手入れをしないと、刺激を受けやすい肌となってしまいます。

 

特に春先はホコリやダニなどのアレルゲンが増えるため身体の免疫力が落ちてしまい肌が敏感になりがちです。

poppybg
 

肌が敏感に傾いたら、まずはシンプルなライトケアを

肌が敏感になる時は、化粧品が合っていない場合や、お手入れが間違っている可能性もあります。シンプルなお手入れが必要なので、敏感肌用で低刺激のスキンケア用品を使ってみましょう。

 

クレンジング

 

お手入れの中でも最も肌に負担がかかるため、なるべく刺激しないものを選ぶことです。肌が敏感な時は、クリームタイプのクレンジングがおすすめです。

 

洗顔

必ず洗顔料をたっぷり泡立てて、泡をなでるようにやさしく洗いましょう。泡をTゾーンにのせる程度で、あとはその泡をサッとなでるぐらいの気持ちで。すすぎの温度はぬるま湯で。

スポンサーリンク

 

もしお湯が温かいと皮脂を取りすぎてしまって、乾燥を呼び込み、バリア機能をさらに壊してしまうので注意です。洗顔後は、肌がいつも以上に乾燥しやすいため、時間をおかずに化粧水でたっぷり保水しましょう。

 

美容液、乳液(クリーム)

手のひらであたためてからこすらないように、肌の上からおさえ込むようにつけるのがおすすめです。

 

美肌は夜につくられるといわれます

何と睡眠中には、肌の修復機能に大きく影響している若返りホルモンが分泌されているのです!スキンケアに合わせて、質の高い睡眠をとることで、肌のバリア機能アップに努めましょう。遅くても0時半までには寝た方がいいようですよ。

 

敏感肌におすすめの化粧品

ミューノアージュ(muNoage)は、東京ミッドタウンに美容クリニックを構えるNoageから生まれたドクターズコスメです。美容成分を肌まで確実に届ける世界初の技術で、本格派、EGF配合のアンチエイジング化粧品がお試しできます。

 

レビュー記事はこちらへ

ミューノアージュで若返ります!シワやたるみに効くEGF化粧品

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-敏感肌・アレルギー肌
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.