敏感肌・アレルギー肌

かさつきやブツブツの肌あれはコスメの見直しや生活習慣を改める

投稿日:2013年3月24日 更新日:

肌あれとは肌のかさつきや赤み、ブツブツといった肌の悩みのことをいいます。「肌があれるのは化粧品のせいでは?」と疑問に思うかもしれませんが、肌あれを起こしたからといって必ずしも化粧品が悪いとは限りません。

 

スポンサーリンク

その時の体調などが原因となることもありますし、精神的なことが原因になることもあります。

 

見出し生活習慣を改めて体調を整える

「肌は内臓を映す鏡」という言葉を聞いたことはありませんか?胃もたれ、便秘、寝不足、ストレスなど、体の不調が積み重なって、肌に現れることはよくあることです。自分の生活習慣などを改めて、無理はしないで体調を整えることから始めてみましょう。

 

feather

 

刺激が強い化粧品を見直しましょう

化粧品で肌があれだした時は、刺激を避けなければいけません。よく見られるのは、クレンジングの刺激による肌あれです。クレンジングは洗顔料よりも洗浄力が強いので、どうしても肌に負担がかかります。

 

化粧品を全部変えてしまう前に、まずはクレンジングを敏感肌用のクリームタイプで、洗い流すタイプのものにしてみましょう。ふき取るタイプの化粧水も刺激が強いのでさけます。

 

日焼け止め化粧品は、効果の高いものやウォータープルーフタイプも肌あれを起こすことがあるので、毎日使っている人は見直してみましょう。

スポンサーリンク

 

脂っぽいのにかさつくのはオイリ―肌・乾燥肌?

「脂っぽいのに乾燥もする。どの化粧品を使えばいいの?」このような時はだいたいオイリ―ドライ肌です。皮脂は強いけれど、水分が少なくなっている状態です。

 

オイリ―ドライ肌は湿疹やニキビなどのトラブルをとても起こしやすい肌なので、洗顔で皮脂をしっかり落としてから保湿成分をたっぷり与えるようにします。セラミドやヒアルロン酸配合の、油分の少ない美容液を使うといいですよ。

 

セラミド配合化粧品で良かったのはビーケーエイジです。2ステップのシンプルケアなのに、肌の奥からふっくらキメが整いツヤ肌になりました。肌の調子がとてもよいので、このまま続けて使用したいと思いました。

 

レビュー記事はこちらへ

コラージュビーケーエイジは敏感乾燥肌に悩む40代向けの化粧品!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-敏感肌・アレルギー肌
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.