美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

乾燥肌

艶やかな肌になる美容オイルの正しい選び方

投稿日:2016年7月24日 更新日:

美容オイル

美容界では乾燥肌対策の化粧品アイテムとして、オイルは定番になっています。

 

スポンサーリンク

なのにべたつく、ニキビができる、重いなどネガティブなイメージを抱き、オイルを使った料理や肉や魚の脂身は太るから食べない、と敬遠している女性も少なくありません。

 

でも最近のオイルは、肌に与えるものも食べるものも、正しい見極め方と使い方をすれば、つややかな肌を保つことができます。ぜひ肌の外からと内側からのケアを取り入れて、美力アップさせましょう!

 

意識して摂りたいのが植物オイル

以前のオイル化粧品は精密度が低く、重くてべたつく質感が一般的でした。しかし現在のオイルは進化しているので、使うたびに肌が整い、柔軟性が増すのを実感できます。

 

化粧水のあと、または入浴時の洗顔後にマッサージしてあげると、不要な脂や角質を浮き上がらせて、肌を滑らかに整える効果も期待できます。アロマ効果がプラスされたオイルなら、その香りで気持ちがリラックスし、肌も心も癒してくれるはずです。

 

オイルといっても、生産地やトリートメント効果の成分、肌への影響など、メーカーによって異なるので、自分の肌に合うもの、使い心地の良いものを選びましょう。

 

動物油脂は摂りすぎに注意

食事から摂るオイル美容は、肌に塗るのと同様に潤いアップの効果が期待できます。まず動物油脂はコレステロールを増やすのに対し、植物油にはコレステロールを下げる働きがあります。

 

血液ドロドロという言葉がありますが、動物性脂肪を摂りすぎると血管内にコレステロールが溜まり、動脈硬化を引き起こすことがあります。これまで中年男性に多く見られた傾向が、最近では20代女性にも増えているようです。油の摂りすぎにはくれぐれも注意したいものですね。

 

ちなみに植物性オイルの紅花油、ヒマワリ油、トウモロコシ油などは、余分なコレステロールと結びついて排泄されるため意識して摂りたいオイルです。

 

食事から摂った栄養が血液から送られるので、肌は健やかさを育んでいきます。植物性オイルは美しい肌のカギといっても過言ではなさそうです。

 

美容オイルの注意点

ただし、化粧品も食用もオイルの使い方に注意が必要です。肌に与えるもの、体内に摂取するものなので、できるだけ新しいものを取り入れることが大事です。

 

オイルは空気中の酸素と結合すると過酸化脂質、(肌サビ)という有害物質を作り、血液の流れを悪くしたり、シミやくすみの原因になります。どんなオイルも風通しの良い涼しい場所に保存し、開封したら早めに使い切るようにしましょう。

アロマオイル

スポンサーリンク

オイルを塗っていると決まって肌を褒められる

実をいうと美容オイルは苦手でした。というのも、オイル特有のべたつきが気になって敬遠していたんです。ところがDHCオリーブオイルと出会ったことで、自分に合った使い方がわかりました。ブースターとして使用することで、オリーブオイルの良さが分かったのです。

 

オイルは朝のお手入れに使い、洗顔のあとに美容オイルでマッサージ → 冷たいタオルを顔に当てて浸透させる → 化粧水、といった流れで使用しています。

 

メイクでパウダーファンデをのせてもツヤは残るので、「艶々して綺麗な肌ですね~」と褒められる日は、決まって美容オイルを使用している時なんです。長い間愛用していたスクワランオイルは、肌への浸透が良いのでさっぱりした感じですね。ツヤ肌を目指すならオリーブオイルはおすすめですよ。

 

coyori(こより)は人気の美容オイル

 

透明の美容液オイル

coyori(こより)美容液オイルの全成分:水、オリーブ油、グリセリン、プロパンジオール、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3、ペンチレングリコール、ツバキ油、コメヌカ油、ユズ種子油、アロエベラ葉水、ガノデルマアンボイネンセエキス、マイタケ子実体エキス、オタネニンジン根エキス、ショウガ根エキス、トウキ根エキス、ヨクイニンエキス、カゴメエキス、アマモエキス、酒粕エキス、加水分解ダイズエキス、ツバキ種子エキス、ユズ種子エキス、ユズ果実エキス、ナス果実エキス、セイヨウアブラナ種子油、ラベンダー油、BG、カプリリルグリコール、1,2-ヘキサンジオール、塩化Na、クエン酸Na、クエン酸発酵

 

coyoriは、加齢により減少する皮脂に注目し、皮脂を補いながら肌本来の生み出す力にアプローチする2層タイプの美容液オイルです。なんと1本で乳液やクリーム、美容液の3役果たせるオイルなんです。

 

オイル層は皮脂の脂肪酸9組成に類似した4種のオイル(オリーブ油、ツバキ油、コメヌカ油、ゆず種子油)をブレンドしています。美容液層は20種の和漢・植物エキスを配合しています。配合されているエキスの種類は、有益性を期待できる本気度の高い逸品です。

 

coyoriは、白くなるまでよく振ってから使用します。ラベンダーの香りがほんのりするので、癒し効果もあるんです。またオイルなのにべたつきはなく、つけた後はさらっとしています。

 

皮脂を補いながら衰えた肌の働きにアプローチするから、ハリやツヤ、潤いのある健やかな肌に導いてくれる美容液オイルのcoyori。しわやたるみの気にならない肌を目指すなら、とてもおすすめですよ。

 

レビュー記事はこちら

coyori美容液オイルは皮脂不足の年齢肌が整う肌に

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-乾燥肌

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.