乾燥肌

セラミドは肌の水分をキープする美肌にとって最も大切なものです

投稿日:2013年4月25日 更新日:

肌の一番表面にある、厚さ0.02ミリという非常に薄い角質層という膜が皮膚に触れるすべてのものを体から守り、内部の水分が外へ蒸発しないように守る働きをしているのが
角質のバリア機能です。

 

スポンサーリンク

この角質のバリア機能は、実は肌の中のセラミドの量と関係します。セラミドが減るとバリア機能も弱まります。

 

肌を守るセラミドの大きな役割とは?

健康な肌

kenkouhada

 

角質層は、レンガとセメントのような構造をしているといわれます。角質細胞をレンガにたとえると、セラミドなどの角質細胞間脂質がセメントで、角質細胞をつなぎとめています。

 

角質細胞間脂質は、コレステロールのようなものを原料として、表皮細胞の中でつくられます。いろいろな脂質が混ざり合ってできていますが、そのうちの約40%にあたるのがセラミドです。

 

残り60%にはスフィンゴ脂質や遊離脂肪酸などが含まれます。これらの脂質が水と結合して、肌の水分を守り、また外界の刺激から肌を守るためにも大きな役割を果たしているのです。

 

セラミドが足りなくなると外から刺激が入り込みます

しっかり積み重なった角質層は、セラミドなどの角質が足りなくなると、角質細胞がぐらついてしまい、一部がはがれ落ちたりします。乾燥した肌はセラミドが減ると、レンガはガタガタになってしまいます。

スポンサーリンク

hukenkouhada

 

これが肌の表面からは、粉をふいた状態に見えるのです。レンガが脱落すると、バリア機能が弱くなって外から刺激が入り込みます。肌が粉をふいた状態になっている時に洗顔をすると、石鹸がしみたりするのはこのためなのです。

 

セラミドはレンガを支え、水分をキープしているため、肌にとって最も大切なものといえるのですが、年齢とともに、セラミドの生産量は減ってくるので、肌は徐々に乾燥しやすくなってしまいます。

 

そこで乾燥対策やエイジングケアにおすすめなのが、馬セラミド+馬プラセンタW配合の美容液です。

高級馬プラセンタ・セラミド配合リマーユ美容液でハリのある弾力肌

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-乾燥肌
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.