美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

乾燥肌

肌の乾きが気になる時は美容液をセラミド配合に変えてみましょう

投稿日:2013年4月26日 更新日:

髪の悩み

「保湿成分配合の美容液を使用しても肌の乾きが気になる…」という場合は、美容液をセラミド配合のタイプに変更してみることをおすすめします。

セラミドがたっぷりある肌は乾きません

セラミドは前回の記事でも取り上げましたが、角質細胞間脂質の1つです。セラミドを奪うと肌の水分量は、約80%も低下するため、肌の水分を維持するためには、最も重要であるといえます。肌の中に充分なセラミドがあると、真冬でも乾燥しないのです。

 

セラミドを含んだ化粧品で肌の水分量を増やす

セラミドはターンオーバーとともに作られるので、ターンオーバーが低下すると、セラミドも減ります。また年齢とともに、肌の代謝が衰えることで減ってきます。

 

セラミドは、コレステロールのようなものから作られますが、コレステロールを食事からとっても増えないし、セラミドを飲んでも増やすことはできません。ターンオーバーを高めていかないと、セラミドは作られないのです。

 

しかし、セラミドを含んだ化粧品を使用すれば、簡単にセラミドを補うことができて肌の水分量を増やすことができるのです。

 

セラミド美容液でも乾燥してしまう?

セラミド美容液を使用しても乾燥してしまう場合は、美容液のセラミド含有量が少ないか、または油分不足である可能性があります。とくに40歳を過ぎると水分や油分までも低下してくるので、美容液の上からクリームなどを重ねてみましょう。

 

さらに、ピーリングや酵素洗顔のような角質ケアを続けていくと、ターンオーバーを高めることができるため、少しずつセラミドを増やすことができます。

 

おすすめのセラミド配合化粧品です。

高級馬プラセンタ・セラミド配合リマーユ美容液でハリのある弾力肌

 

スキンケアに「保湿」が大切な理由

基礎化粧品で行う大事なことは潤い成分でキメを整え、そのあと水分を肌に留めておく成分を補うことです。潤いに必要な成分はすでに内々にある保湿成分「ヒアルロン酸」が一番有効だといわれます。

 

そして水分が蒸発しないように肌にとどめておくにはセラミドが有効です。その上にスクワランなど肌内に存在している脂質成分で油膜をはれば、ダブルの効果で水分の蒸発を防いでくれます。

 

スキンケア以外にできることは水分補給です。人間の体はそのほとんどが水分で構成されています。筋肉の75%、血液の95%、そして脂肪や骨でさえもその15~20%が水だといわれています。

肌の水分は体内から湧き上がってくるものですが、体が水分不足では肌も確実に乾燥してしまいます。カフェインを含むお茶やコーヒーなどでの水分補給はあまり意味がありません。利尿作用があり体内の水分と共に必要なミネラルも排出してしまうからです。

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-乾燥肌
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2019 AllRights Reserved.