美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

乾燥肌

乾燥肌の悩みは化粧水をたっぷり使えば解決できます!

投稿日:2015年6月23日 更新日:

化粧水は洗顔後の素肌に一番につける基礎化粧品です。洗顔後の肌は保湿に必要な成分や油分も、汚れと共に落とされてしまった不安定な状態です。ここに化粧水で水分と保湿成分を補うことで肌に潤いを与え、続く美容液なども浸透しやすい状態に整えます。

 

化粧水をつけるのに、多くの人が手のひらかコットンのどちらかを使っていますよね。効果的な使い方は、手のひらを使う場合はコットンよりも肌への刺激が少なく、手のぬくもりで自然と毛穴が開き浸透しやすいというメリットがあります。ただコットンに比べてムラなく充分に浸透させることが難しいです。

 

コットンを使う場合、優しくパッティングしても手のひらに比べると、多少肌へ刺激を与えてしまいますが、ムラなく十分に浸透させることができます。コットンにはケチらずにたっぷりと化粧水を含ませてください。どちらも場合も洗顔後できるだけ時間をあけずにケアします。

 

パッティングといってもパチパチ叩かずに、優しく押さえてじっくりなじませることがポイントです。乾燥しやすい目元や口元にはたっぷり化粧水を含ませたコットンをのせて5分くらい放置するのも効果的です。

 

化粧水はコットンを使うのがいいのか、手のひらで塗った方がいいのか、たまに議論される事がありますが、私が感じているのは、化粧水のタイプで使い分けるのが良いと思います。

 

最近流行りのとろっと系の化粧水は、美容液も兼ねているので手のひらで浸透させながら塗り込み、水のようなバシャバシャ系の化粧水はこぼれやすいので、コットンを使った方が顔に塗りやすいと思います。

 

化粧水たっぷりで乾燥肌が解消できました

私は化粧水を2~3種類ほど使い分けています。肌の調子が悪い時はワセリンを使っていますが、洗顔後水滴が少し残る状態でワセリンを塗っていた頃、とくに乾燥が進んでいることに気が付きました。

 

ワセリンは密着しやすいオイルなので、ベタつきやテカリがひどくなるとも聞きます。むやみにオイルを塗ると乾燥が進むとか…?

 

でもこれは意外と早く簡単に解決できました。元々乾燥肌は水分が不足している状態なので、ワセリンを塗る前にたっぷりの化粧水で水分を補うようにしました。美容家や皮膚科医が書いた本を見ていると、化粧水はあまり重要視されていません。それで私も今までこだわっていませんでしたが、その結果乾燥が進んでしまったので…。

 

現在のスキンケアはこの順番です。洗顔 ⇒ 化粧水たっぷり ⇒スクワランオイルかワセリン⇒ しっとりタイプの化粧水⇒ 美GENE化粧水かPG2ピュアエッセンス(肌の調子によって使い分け)を使用中です。

 

美GENE化粧水の使い方

PG2ピュアエッセンス

 

オーダーメイドの美GENEに遺伝子検査をして頂いて、「潤い度が低い乾燥肌」と診断された時は、ワセリンに頼りすぎていました。いつものケアで乾燥が進んでしまうと感じたら、洗顔後は化粧水をケチらずにたっぷり使用するのがベストです。

 

これはよく聞くスキンケアの基本ですが、今さらながら化粧水の大切さを自分の肌で感じているこの頃です。

 

-乾燥肌

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2019 AllRights Reserved.