オールインワン化粧品のメリット

目の下のクマ

目の黒いクマは下まぶたのたるみを解消するケアを行いましょう

投稿日:2013年4月3日 更新日:

疲れていないのに「疲れてるの?」といわれてしまうのはクマのせいかも?目元の肌がたるむことによっておきる黒グマは、骨格、加齢による脂肪組織の減少によるものと、頬の部分のたるみによって起こってしまうものがあります。

スポンサーリンク

 

下まぶたの薄い皮膚が、年齢とともにさらに薄く、弱くなってきます。そうすると前に突出してきます。ここに影ができ、クマとして見えるのです。影なので黒っぽく見えるため黒グマと呼ばれています。

 

黒グマは下まぶたのたるみを解消するケアを

コラーゲンが劣化したことでたるみが出るので、コラーゲンを強化するお手入れが必要になります。

 

これにはレチノールの成分が有効で、ビタミンAの一種です。繊維芽細胞を活性化し、コラーゲンを増やす作用があります。黒グマ対策には、レチノール配合の美容液かクリームを日々のお手入れにプラスしましょう。

スポンサーリンク

 

レチノールは紫外線に当たると効果が弱まるので、夜のお手入れに取り入れます。さらに合わせて行いたいのが定期的なピーリング。週に1~2回のケアで角質を除去することで、コラーゲンの生成機能がアップ!レチノールの効果をさらに高めます。

 

黒グマの見分け方

影なので、上を向いたり、指で皮膚を引っ張ったりすると薄くなります。シミではないので、コンシーラーでは隠れません。メイクをすると余計に目立つということもあります。

 

むくみが加わるとさらに目立つので、むくみ体質のある人は、冷たい飲み物と塩分を控えましょう。

 

ハリを呼び戻して改善する「たるみクマ」

たるみのクマに最も効果的なのは、美容外科でのヒアルロン酸注射ですが、化粧品で肌の悩みを解消したい場合、老化ジワと同様にハリを呼び戻す美容液も有効です。

 

目尻から目頭へ向かって美容液を塗り込みます。また悪化を止める成分として、たるみクマの原因となる炎症を抑え、血行不良も改善するアルダバインなどがおすすめです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-目の下のクマ
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.