フォンス化粧品のイメージ

ニキビ

メイクで隠しきれない厄介なニキビの痕を1日も早く薄くする方法

投稿日:2014年3月23日 更新日:

ポツンとした膨らみはひいたけど、赤や薄茶色をして目立つのがニキビの痕です。

スポンサーリンク

 

ニキビの芯や痛みがなくなり、肌は平らに戻ったとしても、表面に残る赤みや薄茶色をしたニキビの痕は、ファンデーションでも隠しきれないので本当に厄介ですね。

 

私も最近は、あご周辺に小さくて赤いニキビの痕が残っていましたが、早く消してしまいたくなります…。ニキビ痕は、ニキビという炎症から肌を守るために自らメラニンを作りだし、それが色素沈着した状態です。

 

メラニンが排出できれば、色素沈着は次第に薄くなるのですが、個人差があり、長い人では1年近く痕が残ったままということもあるそうです。

 

「ニキビ痕が1年も残るのは嫌だ!」と思った方、1日も早くニキビ痕を薄くする方法をご紹介します!

 

紫外線対策をする

ニキビ痕ができている肌は外からの刺激に敏感で、特に紫外線は要注意です。ニキビ痕が濃くならないように、紫外線対策を万全にしましょう。

 

体を温める

体が温まり血行がよくなると、多くの栄養と酸素が肌細胞に供給されてターンオーバーが促進されます。そうしてメラニンを排出できれば、ニキビ痕は薄くなっていきます。

 

体を温めることはそれだけ大事なことなのです。そのためにもウォーキングをしたり、入浴をする、体が柔らかなくなるエクササイズをすることも効果的です。

スポンサーリンク

 

私がよくやっているのは、腹巻きにカイロをつけて体を温めることです。やはり冷えは禁物で、体を温めるのは大事だと思います。

 

栄養バランスを見直す

体が温まる食材を積極的に摂り、栄養バランスを見直すことも大切です。

  • タンパク質(卵、肉、魚、大豆食品) … 新陳代謝を円滑にします。
  • ビタミンA(緑黄色野菜、チーズ) … 皮膚の健康維持に役立ちます。
  • ビタミンB群(豚肉、卵、大豆食品、レバー、バナナ)… 皮膚の分泌をコントロールし、再生機能を高めます。
  • ビタミンC(キウイ、イチゴ、ブロッコリー、小松菜) … 美白効果があります。

 

メイクは午後10時までに落とす

crenjing

 

午後10時~深夜2時までに眠ることで、成長ホルモンがたっぷり分泌されます。メイクは夜の10時までに落としてベッドに早く入り、肌の回復力を高めましょう。

 

ニキビ痕が残りやすいかどうかは、肌質や体質によるものが大きいのですが、肌が硬い人のほうが痕が残りやすいそうです。ニキビ痕は、進行すればするほど残ってしまうので、早いうちに薄くしていきましょう!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-ニキビ
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.