美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

ニキビ

アクネ菌は悪者?ニキビは体内バランスの乱れが原因でできます

投稿日:2013年4月4日 更新日:

驚き

ある日突然ぽつんとできるニキビ…ニキビは誰でも経験するような肌トラブルですが、ニキビについて、本当のことを理解していない人が多いようです。

 

スポンサーリンク

ニキビは皮脂が多いからできるものではありません。10代の人にできる思春期ニキビのように、余分な皮脂が大きな原因になっているものもありますが。

 

しかし20代を過ぎてできるニキビ(大人ニキビ)は、オイリ―肌(脂性肌)の人に必ずできるというものでもなく、頬のような乾燥している部分にだけできる人もいます。

 

皮脂やアクネ菌は悪者ではない

hyoujou

 

「アクネ菌(ニキビ菌)が原因だから殺菌した方がいい」という考え方もあるようです。

 

アクネ菌が毛穴の中で繁殖することが、ニキビを悪化する一つの原因ですが、アクネ菌は皮脂の常在菌で、肌表面のバランスを正常に保つのに貢献している菌であるため悪玉菌ではありません。

 

そのために、殺菌してしまうわけにいかないのです。

 

アクネ菌とは?

肌表面のバランスを正常に保つことに貢献している細菌で、常在菌の一種です。思春期以降の男女の皮膚にほぼ100%すみついています。嫌気性菌(けんきせいきん)といって、空気のあるところでは生きられない菌なので、毛穴の奥など、空気のない所にひそんでいます。

スポンサーリンク

 

皮脂とアクネ菌。どちらも肌にとって必要なものなのに、ニキビをつくってしまうのはなぜでしょうか?

 

ニキビのできる第一歩は毛穴が角質肥厚を起こす

あまり知られていませんが、ニキビができるときの第一歩は、毛穴の出口の角質が厚くなり、角質肥厚をおこすことです。角質が厚くなりすぎて、毛穴をふさぐようになり皮脂がつまってくるのです。

 

毛穴につまった皮脂を栄養源として、アクネ菌が過剰に繁殖します。炎症を起こしてニキビは悪化していきます。この角質肥厚には、男性ホルモンや、皮脂がアクネ菌によって分解されてできた遊離脂肪酸など、いろいろなものが関係します。

 

角質肥厚とは?

ターンオーバーが低下するなど、古くなった角質がはがれ落ちず、肌表面に残り角質が厚くなった状態をいいます。

 

ニキビができるのは体内バランスが乱れることが原因

ニキビができる原因は、皮脂分泌や毛穴の角質肥厚に影響を与えるホルモンや、アクネ菌の活動に影響を与える体内バランスの乱れにあります。

 

ストレスや食生活の乱れでニキビができるといわれますが、それだけではなくて、睡眠不足や運動不足など、生活の中のあらゆることが体内バランスを乱します。肌のバランスまでくずれると、ニキビができてしまうのです!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-ニキビ
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.