美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

ニキビ

ニキビの化粧品は油分を控えて保湿成分はたっぷり与えましょう!

投稿日:2013年4月6日 更新日:

自分の肌質がわかると、使用するべき化粧品も決まってきます。たとえば、ニキビ対策などははっきりとした違いがでてきます。

 

スポンサーリンク

ニキビというと皮脂の分泌が盛んになる思春期に多くみられますが、最近は30~40代にも多く、60代でも悩んでいる人がいるぐらいです。

 

ニキビが高年齢化しているのは皮脂が分泌しやすくなっているから

wistaria

 

ニキビがこのように高年齢化しているのは、全体に栄養状態がよくなって皮脂の分泌が高まっていること、また、暖房器具が発達してきているので、冬でも皮膚が乾燥しにくなってきています。

 

皮脂が分泌しやすくなっていることが原因とみられています。こういう肌を取り巻く環境の中で、脂性の人が脂分を補う化粧品を使ったら、まさにニキビができるのを後押しするようなもの。

 

化粧は長時間しているほど皮脂の分泌を助長し、毛穴に脂がたまってニキビの原因を作ります。また、時間がたつうちに分泌された皮脂が酸化し、肌の老化も早めます。脂性の人は早めに化粧を落とすなど特に注意が必要です。

 

ビタミンC配合化粧水でのコットンパックがおすすめ!

ニキビの人は乾燥するとさらに悪化させてしまうので、しっかり保湿することが鉄則です!

スポンサーリンク

 

その場合、ニキビを予防しながら炎症も抑えてくれるビタミンCが配合されている化粧水がおすすめです。化粧水の後、ニキビの赤みが気になる部分にたっぷり含ませてコットンパックをしましょう。

 

ビタミンC配合の化粧水は、皮脂を抑えてニキビを予防してくれますし、ニキビ痕の赤みを薄くする作用もあります。ほとんどの美白化粧水にはビタミンCが配合されているので、シミ予防もできて一石二鳥です!

 

そのあとは、ヒアルロン酸やセラミドの入った保湿美容液でたっぷり水分補給をしましょう。肌がやわらかくなり、毛穴がつまりにくくなります。乳液やクリームは乾燥しない程度の量にとどめておきます。

 

油分を控えて保湿成分はたっぷり与える

ニキビ肌の上手な保湿とは?

化粧品の油分は皮脂と同じアクネ菌の栄養源になりますので、つけすぎはいけません。それは上質の油でも、オリーブオイルでも同じことが言えます。反対に保湿成分はたくさん与えるべきです!

 

肌が水分不足になると毛穴出口の角質が厚くなり、余計に毛穴がつまるからです。

 

ニキビ肌の毎日のお手入れをまとめると、次のようになります。

  1. クリームタイプのクレンジングでやさしくメイクを落とす。
  2.  さっぱりタイプの石鹸で皮脂はしっかり落とす。
  3.  ビタミンC配合の化粧水を手で押さえるようになじませる。
  4.  ヒアルロン酸やセラミド配合の油分少なめの美容液で保湿する。

 

正しいお手入れでニキビ肌を改善していきましょう!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-ニキビ
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.