夏のスキンケア

紫外線・日焼け対策

最近話題の「飲む日焼け止め」の効果と注意点

投稿日:2016年8月4日 更新日:

外出することが増えてくる季節ですが、紫外線予防はしっかりできていますか?日焼けすると肌に大きなダメージを与えることになってしまいます。

 

スポンサーリンク

紫外線は「光老化」の原因であると、これまでいわれてきましたが、その主な対策は、塗るタイプの日焼け止めクリームや乳液のものでした。

 

しかし顔だけでなく手や足、うなじなどの全身ケアは面倒であり、実際きちんと対策できている人は、極わずかだということが分かっています。

 

日焼け止めを塗ったことがあれば実感している人も多いと思いますが、クリームや乳液タイプの日焼け止めでは、どうしてもムラができてしまうんですよね。

 

最近話題になっているのが「飲む日焼け止め」というものです。欧米ではすでに一般的に知られていましたが、昨年から日本でも数種類が発売されて注目を集めています。

 

飲む日焼け止めって?

日焼け止め

飲む日焼け止めは美容先進国では一般的になっていますが、紫外線保護効果のあるサプリを摂取することで体の中から紫外線対策を行い、朝忙しい女性に便利とキレイをサポートできるという思いで開発しています。

 

指の間や足の甲…。どんなところにも守ってくれるサプリを飲むだけで、紫外線による炎症や活性酸素をケアします。手足やうなじはもちろんですが、眼から入ってくる紫外線も守ってくれます。塗り忘れや塗り直しが不要で、全身ケアが可能なのです。

 

飲む日焼け止めの特徴

日焼けを防ぐ成分は製品によって異なりますが、大きく分けて2つの系統に分けられます。

  • ニュートロックサン(地中海産のシトラス果実とローズマリーの葉由来の天然ポリフェノール)
  • ファーンブロック(中央アメリカに生息するシダ植物に含まれる。古くから中央アメリカとヨーロッパで皮膚治療薬として使われています)

 

どちらの成分も紫外線の強い地域に生産する植物由来で抗酸化作用に優れ、皮膚の中の活性酸素を除去することにより、日光への抵抗力を強化するというものです。10年以上の年月をかけて開発され、臨床試験で有効性と安全性が確認されています。

 

従来の塗るタイプの日焼け止めでは行き届かなかった、紫外線A波(UVA)に対するケアが大きな特徴となっています。

 

紫外線のUVAケアができる!

人体に影響を与える紫外線には、波長が長いA波(UVA)と波長が短いB波(UVB)があり、波長が短いほど生物に対する影響が強いですが、波長が長いほど皮膚の深くに入り込む性質があります。

 

UVAは太陽から届く紫外線の約9割を占めており、肌の奥の真皮まで侵入しコラーゲンやエラスチンを破壊して、ハリや弾力を失わせて光老化を引き起こします。

 

またUVBは肌表面に活性酸素を作り出し、赤い炎症を引き起こしたり、メラニンを活性化させてシミやそばかすの原因となります。

 

従来の塗る日焼け止めはこのUVAとUVBを吸収、または散乱させることで遮断し、肌を保護しようというもので、指標となっているSPF(Sun Protection Factor)は、UVBを抑える効果、PA(Protection Grade of UVA)はUVAを抑える効果を示しています。

 

紫外線

スポンサーリンク

 

改良を重ねて、様々な良い製品が開発されていますが、特にUVAについてはガラスも通過し、また年中変動なく降り注ぐ性質を持つことから、こまめに塗り直すなどの対策をしないと防ぐのが難しいといわれてきました。

 

飲む日焼け止めのメリット

飲むタイプの日焼け止めでUVA対策ができるのであれば、これは大きなメリットとなります。塗り忘れや塗りムラを気にしなくてもよくなります。また敏感肌でも使用でき、眼や髪など日焼け止めを塗れなかった部分のケアができるのも嬉しいメリットです。

 

加齢による肌のシミやしわも予防できて、体内から日焼けを予防するので、汗や水で効果が落ちることがありません。肌に塗らないので洗い流す必要もありません。

 

ムラなく日焼け対策できるので、日焼け止めの使用感や刺激が苦手な方にこそおすすめです。さらに、サプリと塗るタイプを組み合わせることで効果が倍増します。

 

それでも注意すべき点はある

ニュートロックスサンもファーンブロックも、皮膚の抵抗力を強化することで日焼けの損傷から保護するものです。そのため塗る日焼け止めのように、紫外線を吸収したり遮断したりする機能はありません。

 

製品によっては塗るタイプの日焼け止めと併用で推奨しているものもあります。製品によって有効成分の含有量、服用タイミングが異なる点も注意したいです。

 

美肌成分が配合されているものや、紫外線を浴びると不足するビタミンDを補えるものなど、それぞれ特徴があるので、自分に合ったものを選んでみてください。

 

サプリメントの安全性については、長期間利用して初めて見えてくる面があることも、十分注意したうえで賢く使用したいものです。

 

通販限定販売の飲む日焼け止め

ホワイトヴェール

 

通販限定の飲む日焼け止めを見つけました。ホワイトヴェールは、1日2粒飲むだけで日々の太陽を徹底ガードできるサプリです。

 

ホワイトヴェールは海外セレブにも人気の話題の成分「ニュートロックスサン」を配合しています。これは地中海のスペイン生まれのシトラス果実と、ローズマリー葉から丁寧に抽出された天然ポリフェノールです。

 

紫外線の原因となる活性酸素をコントロールし、炎症を抑えたり肌の老化を防止する効果や、豊富に含まれている栄養素で美容効果も期待できます。約3か月間続けて摂取することで、紫外線を約60%制御することが実証されています。

 

まとめ:

今や日焼け止めはサプリを飲む時代です。主流になりつつある日焼け止めサプリは、体の内側から紫外線に強い体を目指していくことができます。日焼け止めクリームで肌荒れしやすかったり、肌の弱い方、また汗をよくという方にもおすすめです。

 

一方で、サプリよりも効果の高いものがいいという方は医薬品がおすすめです。一般の人が医師の処方箋がなくても購入できる一般用医薬品は、安全性の中から3つに分けられています。その中で副作用リスクな比較的低いのが第3類医薬品です。

 

配合されている有効成分の効果が認められており、病気の治療や予防に使われる薬を指します。キミエホワイトプラスは医薬品として承認され、効果も認められています。シミやそばかすの「緩和」から、シミ・ソバカスを「治す」医薬品に進化しました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-紫外線・日焼け対策

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.