美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

紫外線・日焼け対策

顔の紫外線をカバー!敏感肌のUV化粧下地(ナールス ヴェール)

投稿日:

顔用UV対策製品

紫外線が気になる季節はしっかりUV対策をしていますか? 肌が紫外線を受けるとしわやしみ、たるみの原因なってしまうので注意が必要です。

 

日焼けはシミやしわの原因になるといわれており、女性にとっては気になるポイントです。美肌を保つには日焼け止めをしっかり塗ることが大切です。

 

日焼け止めをいざ購入しようと思っても、どれを選んだらいいのか悩んでしまったり、肌が荒れると感じることはありませんか。多くのUV対策製品には、紫外線吸収剤や化学物質など肌の刺激になりやすいものが含まれています。

 

紫外線吸収剤は透明で白浮きせず肌をサラサラにするなどメリットがありますが、肌が弱い人が強い日焼け止めを塗ると肌が荒れてしまう可能性があります。そこで人気を集めているのが吸収剤フリーの日焼け止めです。

 

肌への負担が少なく年間を通して役立つ紫外線ケアアイテムです。

40代敏感肌の顔をカバーするUVケア

UV対策製品には紫外線吸収剤を使ったものと紫外線散乱剤の二つがあります。

 

紫外線吸収剤は、紫外線が肌に届く前に吸収して化学反応を起こすことで、日焼けを防ぐ成分です。他の成分となじみやすいのでよく配合されていますが、この化学反応が肌への負担になりやすいといわれています。

 

そのため肌が赤くなったリ痒くなったリといった、アレルギー反応が起きてしまう可能性があります。紫外線吸収剤のメリットは「紫外線を防ぐ効果が高い」「付け心地がいい」ことです。デメリットとして、肌の弱い人には刺激になることがあります。

 

最近は「紫外線散乱剤」という成分が人気を集めています。ノンケミカルという表示があれば、紫外線散乱剤を使用したものです。紫外線散乱剤のメリットは天然成分を使っているものが多く、敏感肌の人でも肌トラブルが少ないことが挙げられます。

 

デメリットとして、使用感があまり良くないです。紫外線散乱剤は受けた紫外線を散乱、反射させ紫外線によるダメージを防ぐものです。化学変化が起きない分肌への負担が少ないので敏感肌にはこちらがおすすめです、

 

注意したいのはナノ粒子配合散乱剤

日焼け止めの中に散乱剤の使用感をよくするため、ナノ粒子が配合されているものがあります。このナノ粒子は肌へどのように影響するかまだ解明されていません。

 

そのため肌トラブルの可能性もゼロとは言えません。リスクを避けるためにも、ナノ粒子不使用の表記があるものなら安心です。

 

低刺激の表記がある

日焼け止めの化粧品は様々な成分が入っています。肌トラブルを避けるためには、なるべく余計な添加物が入ってない日焼け止めを選んだ方がいいでしょう。

 

以下のような成分が無添加、フリーと表記されているものがおすすめです。

 

紫外線吸収剤、合成系面活性剤、香料、合成着色料、防腐剤、鉱物油、エタノール、シリコン、パラベン

 

白くなりにくいUV下地

毎日塗るUV下地だから、続けるためにも塗り心地にこだわって選びたいですよね。さらっと伸びるクリームタイプや、スッとなじみやすいジェルタイプなど様々なので、好みに合わせて選んで下さい。

 

以前の紫外線吸収剤不使用の日焼け止めには、成分特性から白くなりやすいものが多くありました。しかし近年では改良が進み、白くならないものが販売されています。肌が乾燥しにくい日焼け止めや、白くなりにくい日焼け止めも人気です。

 

塗ったときに白くなる日焼け止めは、いかにも塗っているという感じが出てしまいます。顔に塗るものは分かりやすいので、できるだけ避けたいですよね。

 

40代は美容成分配合がおすすめ

肌への刺激となる成分不使用だけでなく美肌にもこだわりたい人は、美容成分を配合した日焼け止めがおすすめです。日焼け予防と肌ケアができます。肌に優しい成分が多いので肌が弱い人にも合います。

 

SPF・PAをチェック

日焼け止めを選ぶときに注目されるのが、SPFとPAです。SPFにはシミやそばかすの原因となる紫外線B波をカットする役割があります。PAは皮膚を黒くしたりしわの原因となる紫外線A波を防ぎます。日焼け止めをどんなシーンで使いたいかに合わせて選ぶと良いです。

 

日常使いには弱めでOKです。毎日の買い物や散歩など日常使うものは数値が低めのものを選んでも良いです。肌への負担を減らしながら紫外線も防げます。

 

海でのレジャーやアウトドアなどより紫外線が降り注ぐ場所では、SPF30~50、PA+++のものが良いでしょう。汗や水に強いウォータープルーフタイプを選ぶと安心です。

 

敏感肌こそUVケアが必要

敏感肌はバリア機能が弱まり外部刺激に弱くなっているので、紫外線ダメージをダイレクトに受けてしまいます。するとシミの原因であるメラニンを生成するメラノサイトの働きが活発になり、潤いを保つコラーゲン繊維が壊れやすくなります。

 

健康な肌より奥までダメージを受けるので、ヒリヒリしたした刺激や赤みなどの皮膚炎、しみそばかすなども出やすくなります。

 

肌のバリア機能には、肌の水分を整えて乾燥、紫外線などの刺激から守る役割があります。そのためバリア機能が不足している敏感肌の方は、普通肌以上にしっかり紫外線対策を行いましょう。

 

負担の少ない落とし方

意外と見落としがちなのが日焼け止めの落とし方です。日焼け止め効果があるものは専用クレンジングが必要な物もあります。紫外線吸収剤不使用のものは簡単に落とせるものが多く、手間が少ないので人気があります。

 

顔の紫外線をカバーするUVケア製品・エイジングケア化粧下地を試してみた

ナールスピュアでおなじみのナールスさんから、UV化粧下地「ナールス ヴェール」が新しく発売されます。肌の優しいノンケミカルタイプ(紫外線吸収剤不使用)の日焼け止め化粧下地に、京都大学発エイジングケア化粧品成分「ナールスゲン」を推奨濃度配合しました。

 

スルスルと肌に伸びてよくなじみ、さらさらした感触ながら、つけた後の肌はしっとりです。年間を通じて使いやすいエイジングケアUV化粧下地です。

 

ナールス ヴェールの特徴

  •  ノンケミカル&ノンパラベン。肌に優しい処方で敏感肌の方にもおすすめです
  •  白浮きしない。馴染みやすい肌色タイプでノンケミカルなのに白浮きしにくい
  •  ノンオイリー。ベトベトしない軽い付け心地
  •  SPF40・PA+++。肌に優しく、かつ強力に紫外線をカット
  •  エイジングケア。ナールスゲン推奨濃度配合、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体配合でエイジングケアをサポート
  •  ウォータープルーフ。汗や水に強い

 

今までいろんな日焼け止めを使ってきましたが、これほど使い心地が軽いUV下地は初めてかもしれません。

 

ナールス ヴェールは薄い肌色の乳液タイプなので白浮きしません。ノンオイルオイルだからべたつきもなく、肌なじみがとても良いです。忙しい朝でもすぐにお化粧ができますし、塗った後も乾燥を感じませんでした。

白浮きしない日焼け止め

 

お化粧を落とした後も肌がサラサラです。肌に負担を感じることが少ない点がとても使いやすいと思いました。中身も確かなものなので、通年使えるUV化粧下地がなかなか見つからない敏感肌の方にこそ、おすすめしたい製品です。

 

まとめ:UVケアとエイジングケアが同時に叶う化粧下地

毎日使うものだから肌に直接触れるものはしっかり自分に合ったUVアイテムを選びたいですよね。UV化粧下地を探しているなら、ぜひ試してみて下さい。

 

ナールスピュアはローションや美容液など色々使ってきましたが、どの製品も優秀です。待望の日焼け止めが発売されたことで、肌の弱い40代女性の救世主となってくれるでしょう。

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-紫外線・日焼け対策

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2019 AllRights Reserved.