美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

紫外線・日焼け対策

日焼け止めで焼かない肌を目指す!日常生活でおすすめのUVケア

投稿日:2013年2月19日 更新日:

保湿

UVケアのアイテムには、必ずSPFとPAの数値が記されています。SPFとは紫外線のB波を防ぐ力を表します。

スポンサーリンク

 

紫外線については以前の記事 【 肌に悪影響の紫外線はA波とB波 】で紹介していますが、B波は細胞を壊し、シミができてしまう紫外線です。SPFの数字が大きいほど効果が高く、最大表示数値は50+です。

 

PAとはA波を防ぐ効果を表します。A波はシワの原因になり真皮の奥まで届いてしまうのです。表示は+、++、+++の3段階です。

 

SPFとPAを確認して生活環境に合ったお手入れを

いざ日焼け止めを買おうと思いUVケアを探してみると、20とか50とか…いろんな数値のものが店頭に並んでいますね。「どれがいいのか迷ってしまう」と感じたこともあるのでは?

 

UVケアは毎日行ったほうがいいのですが、毎日のように数値の高いものをつける必要はありません。紫外線防止効果が高いものは、肌への負担も高くなってしまうからです。日常生活ではSPF15~25程度のもので充分です。

 

多くの女性は日焼け止めを塗る量が少なすぎのようです。たくさん塗ると「ベタベタするのがイヤ!」という人は、紫外線によるシミは頬骨の周辺からできることが多いので、頬骨のあたりだけ厚めに塗るようにすると重たく感じません。

 

重ねぬりの手間を省きたい方におすすめです

日焼け止めはクリームや乳液などがありますが、どんなタイプのものを使っていますか?さらさらタイプよりもおすすめなのが、粘度が高いもっちりしたタイプの日焼け止めです。

 

さらさらタイプは伸びがよくて使いやすいのですが、肌には薄づきになってしまうのが欠点です。ムラになっているのかもよくわからないですよね?もっちりタイプなら肌にしっかりとのるので、塗り重ねる回数が少なくて済みますよ。

スポンサーリンク

 

紫外線対策でアクセス数の多い記事

 

紫外線が一番危険なのは5月です。フジテレビの番組バイキングでは、春こそ一番危険な紫外線について名医が徹底解説しました。年間3000人以上の肌の悩みを解決する最強専門医が、みんなが知りたい紫外線についてQ&A方式で答えました。

 

みんなが知りたい紫外線について最強専門医がテレビで徹底解説

 

海や山の日焼け止めは焼かない為に紫外線カット効果にこだわる海や山では紫外線の量が多く、日差しに当たっている時間が長いです。日焼けしないための対策について解説しています。

 

海や山の日焼け止めは焼かない為に紫外線カット効果にこだわる

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-紫外線・日焼け対策
-,

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.