紫外線・日焼け対策

肌が弱い人は日焼け止めクリームの選び方に気をつけましょう!

投稿日:2013年2月20日 更新日:

セラミドで保湿ケア

日焼け止めの影響で、もし肌が荒れてしまったとしても後から治すことができますが、シミは一度作ってしまうと、もう大変!日焼けしないことを第一に考えたUVケアが必要になります。

スポンサーリンク

 

肌が弱くて敏感肌でも使用できる肌に優しい日焼け止めの選び方をご紹介します。

 

「紫外線吸収剤無配合」と「ノンケミカル」を選びましょう

肌が弱い人は紫外線吸収剤が入っている日焼け止めはなるべくさけたほうがよいです。塗った時に白くならないのですが、紫外線を吸収して熱に変える働きがあります。このときの熱が肌を刺激し、炎症からシミになる恐れがあります。

 

紫外線散乱剤もありますが、これは紫外線を吸収せずに跳ね返す成分なので、肌への負担は吸収剤よりも少なくなります。

 

肌の弱い人は「紫外線吸収剤無配合」「ノンケミカル」という表示のものを選ぶようにするといいと思います。技術の進化により最近では、紫外線吸収剤をカプセルで包み込むことで熱を肌に与えない物もあります。

 

仕上がり重視で選びたい方には、カプセル化されている吸収剤か確認をしてみて下さいね。SPF20前後で、PA++くらいが標準ですが、紫外線に対して肌が弱く、少し日に当たっただけでもすぐに赤くなってしまう人はもう少し強めのものでもいいと思います。

スポンサーリンク

 

保育士など仕事で外で過ごす時間が長い人も、SPF30ぐらいのものを選ぶといいですよ。

 

肌が弱い方に人気の美白化粧品はディセンシアのサエルです

  •  香料などの肌を刺激するものは入っていないので、敏感肌でも安心して使えます。
  •  アルコール、香料、紫外線吸収剤不使用。
  •  トライアルセット使用後は、透明感がアップして、くすみが抜けてきました。
  •   ローズやゼラニウムなど、かすかな天然の香りが清々しさを感じます。
  •  3点セットのシンプルなケアが続けやすいです。

 

ディセンシアのサエルは、敏感肌・乾燥肌対策のスキンケアブランドです。レビュー記事はこちらへ

サエル(saeru)のトライアルセットは敏感肌でも美白を実感!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-紫外線・日焼け対策
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.