美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

紫外線・日焼け対策

肌が弱い人の紫外線対策はミネラル日焼け止めパウダーで念入りに!

投稿日:2014年5月9日 更新日:

フェイスパウダー

紫外線によるトラブルを避けるためには、日頃から紫外線対策をする必要があります。

 

スポンサーリンク

目安になるのが、紫外線防止用の化粧品にあるSPFやPAという表示ですが、これは、紫外線防止効果の高さを示す数値です。SPFは、主に皮膚が赤くなることを防止する効果を示したものです。

 

たとえば外で日光を浴びたとき、何も塗らないと約20分で肌が赤くなりはじめますが、SPF40では、20×40で800分(約13時間)肌が赤くなるのを防ぐという意味で、この数字が大きくなるほど日焼け止めの効果が高くなります。

 

PAは、肌の奥の真皮内に入り込み、悪さをする光線をカットする効果を表す数値です。PAの表示は+(効果がある)、++(かなり効果がある)、+++(非常に効果がある)の3段階です。どんな環境で過ごすのかによって、ふさわしい数値のものを選択しましょう。

 

日焼け止めは重ねづけすると肌に負担がかからない

日焼け止め

スポンサーリンク

 

日焼け止めは、高いSPF値のものをたっぷりつける人が多いですが、1種類だけつけるよりも、SPF15~50のものを数種類重ねづけした方が肌に負担がかかりにくく、紫外線防止効果も高くなるのです。

 

特にパウダー系やパール粒子が配合されているものは、UVをはね返す効果があるので、アウトドアで過ごす日は、パウダー系のものを最後に使うといいです。

 

もし肌が弱かったり、肌荒れや乾燥が気になる場合は、影響を特に受けやすいので、紫外線対策は念入りにしましょう。

 

付けたまま眠れて石鹸で落ちるのが、ヴァントルテのミネラルUVファンデーションです。UV最高基準のSPF50+、PA++++で、紫外線の強い日中でもUVカットします。水分も油分も含まない高純度のミネラルと保湿力の高いシルクを配合し、防腐剤、タルク、オイル、界面活性など、肌に負担のかかる成分を排除しています。

 

だから、つけたまま眠っても肌に負担がかからないんです。さらに、使いやすさにこだわった、ふわふわのエアリーパフも付いています。ミネラルシルクファンデーションも人気があります。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-紫外線・日焼け対策
-,

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.