美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

美白・シミ

しみとそばかすの違いはある!?自宅でできるシミ対策

投稿日:

美肌を作る化粧品

顔にできると気になってしまうものといえば、しみやそばかすですよね。どちらも似ているように見えますが、この2つはどのように違うのでしょうか?

 

スポンサーリンク

老人性色素斑(しみ)

しみはいわゆる老化現象によるもので、主に紫外線が原因です。紫外線にさらされた皮膚のメラニン細胞が活性化し、過剰にメラニンが作られるためしみになります。男女問わず最も一般的にできます。

 

比較的境界線がはっきりとしたしみで紫外線が原因のため、顔やデコルテ、手の甲など日光を浴びるところに現れます。

 

雀卵斑(じゃくらんはん)

そばかすと呼ばれる点状に散らばるしみで、鼻の周りや頬に細かくできるのが特徴です。

 

斑点の大きさは通常のしみより小さく散らばるようにできています。顔以外にも、夏に紫外線を浴びることがある背中になどもできます。

 

そばかすの色は春から夏にかけて濃くなるのも特徴で、欧米人など白人は色が白いため、そばかすができやすいです。

 

子供の頃にできはじめて思春期頃に濃くなり、その後はだんだん薄くなっていくようです。遺伝的要素もありますが、紫外線に影響されることも多く、数が増えたり濃くなったりすることがあります。

 

逆に後天的にできるそばかすは、大人になってからできてしまうと、自然に消えることはほとんどないと言われています。

 

どちらもメラニンが関係している

紫外線

 

メラニンと聞くと肌にとって悪いものと考えがちですが、全く違います。肌の色は人種だけではなく個人差があるように、肌の色を決定する要素の一つにメラニンがあります。

 

メラニンは、私達の体を紫外線から守る大切な働きをしています。もしメラニンがなければ皮膚の奥深くまで紫外線が入ってしまい、少し紫外線を浴びただけで水ぶくれや炎症を起こしてしまいます。

 

肌の表皮の一番下にメラノサイトといって、メラニン形成細胞があります。紫外線の刺激を察知するメラニンを作って防御し、肌細胞が紫外線の刺激を受けないようにしています。

 

こうすることでDNAの破壊や皮膚がんの発生を未然に防いでいるのです。

 

どうしてしみができるの?

肌の悩み

 

通常生成されたメラニンは、ターンオーバーにより排出されます。しかし、紫外線などの刺激を過剰に受けるとメラニンも過剰に生成されてしまい、排出しきれないものがしみとなって残ります。

 

また加齢によるターンオーバーの崩れもメラニンの排出を滞らせるため、しみの原因になります。

スポンサーリンク

 

ニキビ跡などの炎症が原因で起こったり、紫外線のダメージや蓄積などの日常生活の蓄積で出てくるものが多く、30歳位から目立つようになります。

 

しみやそばかすの対策は、毎日のお手入れがとても重要です。ターンオーバーを乱さない生活習慣を保つように工夫しましょう。

 

しみ取り治療には4つのステップがあります。

1.紫外線対策
2.ビタミン剤の内服
3.しみ取りクリーム
4.レーザー治療

 

1.紫外線対策

日焼け対策

しみもそばかすも紫外線は大敵です。一番手軽なしみ予防は、紫外線を浴びないようにすることです。小さい頃からの紫外線がしみの予防につながります。

 

これから新たなしみを増やさないためにも、紫外線対策はしっかりと行いましょう。しみ予防には必須といえます。

 

2.ビタミン剤の内服

サプリメント

ビタミン類は肌の維持に欠かせない栄養素で、比較的手軽にできる方法の一つです。

 

ビタミンCは予防効果があり、ビタミンEは新陳代謝を活発にし、肌のターンオーバーを促進させる作用があります。でも飲んだからといって、しみが跡形もなく消えるというわけではありません。

 

3.しみ取りクリーム

皮膚科医で処方されるしみ取りクリームは、メラニン生成を抑制するハイドロキノン配合と、皮膚の基底細胞の分裂を早めるレチノイン酸配合のしみ取りクリームです。

 

どちらも、ヒリヒリした刺激感が副作用で現れます。それだけ刺激性に強いクリームということです。

 

4.レーザー照射

脂漏性角化症以外のしみ取りには効果あると言われていますが、レーザーひとつにしても色んな種類があります。

 

自宅でできるしみ・そばかすの予防法はある?

シミやソバカスの予防で気をつけたいのは肌に刺激を与えないことです。メラニンは肌を守るために作り出される物質なので、刺激を受けると肌を守ろうとしてメラニンが作り出されてしまいます。

 

必要以上にメラニンを生成させないためには、肌への過度な刺激を与えないことが大事なことです。マッサージや洗顔の際にも力を入れ過ぎず、優しく洗ってくださいね。

 

できてしまったしみやそばかすの対策に、全身のケアができるキミエホワイトプラスです。しみやそばかすの「緩和」から、しみ・そばかすを「治す」医薬品に進化しました。飲んで効く第3類医薬品です。

キミエホワイトプラス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-美白・シミ

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.