美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

美白・シミ

腕に日焼けでできたシミを消す薬

投稿日:

キミエホワイトプラス

「紫外線の強い夏が終わりほっとした時に腕にシミができてしまった。」

 

年齢を重ねるうちに若い頃は全く気にならなかったのに、最近は手や腕にシミができ始めていると嘆いていませんか? 紫外線を浴びても浴びなくてもポツッとシミが浮かんでくるとがっかりしませんか。

 

腕にしみやそばかすができる原因やシミを消す薬について紹介いたします。

 

スポンサーリンク

腕にシミやそばかすができる原因

腕にシミやそばかすができるのはある日突然ではなく、始めは薄いけどだんだん目立ち始めます。すぐに消えるものではありません。しみそばかすは繰り返しできやすいため、原因を知ってできるのを防ぎましょう。

 

日光や紫外線

春から夏は紫外線が強い

 

しみができる最大の原因は紫外線であることは多くの方が知っていることですね。日焼け止めを塗っているつもりでも、塗り方が甘かったり洋服の摩擦で落ちてしまうこともあるだけに、腕や手は意外と盲点です。

 

夏の間は丁寧に日焼け止めを塗っても秋冬になると無防備のまま外出することもありますよね。

 

日光や紫外線を浴びたときに腕の皮膚の奥のメラノサイトがメラニン色素を作り、日焼けして肌の色が変化します。怖いのは肌の奥に届いている紫外線です。コラーゲンなど肌の保湿やはりを保つ成分を含む細胞が破壊されてしまいます。

 

それを防ぐためにメラニン色素が作られ、ターンオーバーなどで排出されなかったメラニン色素がシミやそばかすの原因になります。肌が白い人や屋外の活動が多い人もシミの症状が多くみられます。

 

日焼けした直後のケア

日焼けした直後の肌はやけどをした状態と同じ肌で炎症を起こしています。日焼けをケアするにはやけどと同様に肌を冷やすことが重要です。熱を帯びている部分や赤くなっている部分、痛みがある部分を冷たい水で冷やしたタオルや袋に入れた氷水、保冷材などを使って冷やしましょう。

 

肌を冷やした後は長時間日差しを浴びて水分が減っている肌に水分を与えましょう。化粧水をつけ乳液やクリームを塗って保湿します。

 

日焼け後のケア

蓄積された老人性色素班

一般的なシミといわれるものは「老人性色素班」がほとんどです。皮膚が老化したという事ではなく、紫外線を浴び続けた影響が肌の奥に蓄積され、じわじわと表皮にシミが浮かび上がってくる症状の事をいいます。

 

太陽光の光が当たりやすい顔や首から胸にかけてのデコルテ、腕や手の甲など目立つところにできやすいです。

 

雀卵斑(じゃくらんはん)

そばかすは雀卵斑(じゃくらんはん)といい先天性の可能性が高いです。老人性色素班とは違い加齢とともに薄くなるケースが多いです。

 

肌に蓄積されたダメージ

紫外線だけがシミの原因ではありません。人の体内では毎日活性酸素が発生しています。身体が酸化して錆びが起きることでと活性酸素が増え続けます。すると肌を守るためにメラニン色素がたくさん作られます。

 

メラニンが過剰に生成されればシミの元になるので、できるだけ活性酸素を蓄積しないことが大切です。活性酸素が増える要因は、紫外線、喫煙、ストレス、睡眠不足、食品添加物、飲酒、便秘などです。

スポンサーリンク

 

日焼けによるシミが腕にできないために

車に乗車するときは注意

特に日差しが強い日の車の運転は注意しましょう。短時間の移動だからと日焼け止めを塗らずに外出すると、紫外線を浴びて腕にシミができることがあります。

 

日焼け止めの塗り方:日焼け止めをまっすぐ線を引くように肌にのせます。手のひらで円を描きながら薄く伸ばしていきます。

 

腕の日焼けを放っておくとどうなる?

紫外線はシミの原因になるだけでなく、シワやたるみの原因にもなります。紫外線に含まれるUVAは肌のハリを作っているコラーゲンやエラスチンを破壊する作用があります。

 

健康的な肌ならこれらを再生でき、若々しい肌を保つことができます。しかしコラーゲンなどの生成が遅れると、肌が支えを失ってしまい深いシワを作ってしまいます。紫外線のダメージを受けた肌は乾燥して再生機能が弱っていますので、適切なケアをして肌の老化を防ぐことが重要です。

 

腕のしみやそばかすを消す薬

腕のシミを防ぐには日焼け対策が最も効果的ですが、できてしまった場合どうすればいいのでしょうか?

 

シミやそばかすを予防、対策するのにサプリと薬があります。サプリは医薬品と比べて有効な成分量が少ないので、シミへのアプローチは低いです。しみそばかす対策は医薬品の薬を選ぶようにして下さい。

 

ただしシミやそばかすを薬で消すといっても種類がたくさんあるので、どれを選んだらいいのかわからなくなってしまいますよね。

 

しみそばかすを体の中からケアするには、L-システィンとアスコルビン酸が入っているのを選びましょう。この2つの成分は協力しながらターンオーバーを助けてメラニン生成を防ぐ働きがあります。

 

キミエホワイトプラスは腕のシミはもちろん、手のシミや体のシミなど悩みを抱える方のために色々な種類のシミに1回1錠飲むだけで効くように改良を重ねました。シミに効く有効成分を国内承認基準の最大量を配合していますので、今までずっと気になっていたシミの悩みを緩和します。

キミエホワイトプラスは全身のシミと日焼け対策ができます

 

シミを薄くするために

シミの原因となるメラニンは美容の観点から見ると悪いもののように思えますが、本来は紫外線のダメージから肌細部を守り肌トラブルやDNAの破壊などを未然に防いでくれる私たちの体には必要なものです。

 

紫外線による肌への刺激が増えることでメラニンが過剰に作られターンオーバーで排出しきれなくなり、肌に残ったメラニンがしみの原因となってしまうというわけです。

 

腕のシミやそばかすは紫外線対策をしないとできやすいです。今できていなくても皮膚の奥に溜まっているシミやそばかすが何年か後に一斉で出てくる可能性があります。まずは紫外線対策を万全にするとともに、できてしまったシミは早くケアして少しずつ目立たないように消していきましょう。そのためにも紫外線対策を心がけましょう。

 

できてしまったシミやそばかすを自宅で消すには、体の内側からケアする薬がおすすめです。腕は誰もが目が行く場所です。同じ見られるならきれいな方が良いですよね。いつ誰に見られてもいいように、今から腕のしみ、そばかすケアをはじめませんか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-美白・シミ

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.