スキンケア

美白・シミ

40代で増えたシミを消したい!薬が効くって本当なの?

投稿日:

「毎日シミをケアしていても改善されない。」「紫外線ケアを毎日しているのに、どうしてこんなところにシミができるの?」40歳を過ぎてから顔のシミが気になって仕方ない、なんてことはありませんか。

 

女性にとって顔にシミは不要なものなので、できることなら今すぐにでも消したいですよね。40代になるとシミが急に増えたように感じるのはワケがあります。

シミができてしまっても、なるべく早くケアしてあげると薄くすることは可能です。まずは、シミの主な原因である老人性色素班について紹介します。

スポンサーリンク

40代にシミが増える原因

日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりといった努力で紫外線のダメージが肌に現れる年代には個人差があります。しかし40代になると多くの女性にシミが目立ちやすくなります。40代にシミが増える大きな原因は、紫外線ダメージが蓄積されるからです。

 

最もシミに悩む年代が40代といわれていて、40代は30代の頃と比べても長い間紫外線を浴びている状態です。40代になると蓄積したシミ予備軍が一気に肌表面に出てきます。そのためシミが急に増えたと感じるのです。

 

シミは「老人性色素班」といい、紫外線の浴びすぎが主な原因です。シミの原因となるメラニン色素は肌の表面にある細胞、メラノサイトが刺激を受け、活性化することで作られます。

 

若い頃は古い垢とともに剥がれ落ちていたメラニン色素がそのまま溜まってしまい色素が沈着します。メラニンを排出する力は年齢とともに低下していき、メラニンはシミ予備軍として肌に蓄積してしまいます。シミは額や頬、こめかみなどにできやすいです。

 

マリンスポーツやアウトドアが好きな人はシミができやすいです。紫外線は若い肌でも老化を早めます。農業、外回りの営業などの仕事をしている人はかなりシミができやすい環境にあるといえます。

 

シミが増える40代は日焼け対策が必須

シミは紫外線の影響でできるので「日焼けシミ」とも呼ばれています。日焼けするほど増え、薄い茶色だったものが次第に濃くなっていきます。

 

シミの原因となるメラニンは美容の観点から見ると悪いものに見えますが、本来は紫外線のダメージから肌細胞を守ってくれるものです。肌トラブルを未然に防いでくれる私たちの体には必要なものです。

 

しかし紫外線による肌刺激が増えるとメラニンが過剰に作られ、ターンオーバーで排出できなくなってしまいます。この肌に残ったメラニンがシミの原因となるのです。

 

40代がシミを防ぐには、「紫外線対策を万全にする」ことです。できてしまったシミは早くケアして少しずつ目立たないようにしていきましょう。

 

40代年齢肌の悩み

シミケアは秋からから始める

シミは時間をかけてできたものがほとんどです。ですから気が付いたときからすぐに始めるのがベストです。

 

秋は夏受けた紫外線がシミとなって肌に足跡を残してしまう時期です。冬は代謝が落ちている時なので放置すれば色素が沈着していきます。紫外線が弱い時に積極的なケアをするとシミのケアが活きます。

 

40代で増えたシミは医薬品が効きます!

シミそばかすといった紫外線ダメージに負けない肌にするためには、日焼け止めと併用しながら医薬品で内側からケアしていきましょう。抗酸化成分を取り入れながら新陳代謝をアップして、防げなかったダメージを減らしていけばシミを予防できます。

 

シミを消す飲み薬は医薬品が良いといわれていますが、どうしてシミには医薬品が良いのでしょうか。それは医薬品は有効性が認められたものであるからです。

スポンサーリンク

 

医薬品とは、そもそも病気の予防や治療を目的としたものです。その成分内容はもちろん、効果効能や副作用、用法、用量などにおいてしっかり品質、有効性、安全性において調査が行われます。その結果として厚生労働省から承認を受けています。

 

一方でサプリメントというものは薬ではありません。食品の一種に分類し栄養素を補うためのものです。そのため医薬品のように予防や治療効果は認められていませんし、具体的な効果・効能を表示することもできません。

 

そこでお勧めしたいのが第3類医薬品の「キミエホワイト」です。シミやそばかすに飲んで効く「キミエホワイト」が「キミエホワイトプラス」にパワーアップしました。

 

シミに効く有効成分L-システィンを50%増量し、さらに新成分パントテン酸カルシウムが配合されました。シミやそばかすの緩和から、シミをバカスを治す医薬品に進化しています。

 

美白効果のある成分

  • アスコルビン酸(ビタミンC)
  • L-システィン

ターンオーバーを促す成分

  • パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

 

キミエホワイトプラスはニキビや湿疹にも効き、倦怠感や二日酔いを緩和してくれる効果もあります。1回につき1錠の服用なので、一度にたくさん飲むのが苦手な方は飲みやすいはずです。

 

リニューアルした「キミエホワイトプラス」は、「キミエホワイト」を一度試したことがある方でも初回特別価格が適用されます。通常価格4,200円が1,900円で「キミエホワイトプラス」が購入できます。

 

シミに効く成分

シミに効く有効成分として飲み薬に配合されている有効成分は、ビタミンCとL-システィンの二つです。

 

ほとんどの市販薬に配合されていて、シミやそばかす対策には欠かせない成分です。

 

スーパー成分「L-システィン」

L-システィンはシミの元となる皮膚の色素沈着をもたらすメラニン色素の生成を抑え、体外への排出を促す作用があります。

 

ビタミンCとともにメラニン生成の起因となる活性酸素チロシナーゼの作用を抑え、新陳代謝を促します。さらにシミ、ニキビ、しわ、肌荒れ、乾燥など、ほとんどの悩みに手ごたえを実感させてくれるマルチな成分なのです。

 

L-システィンは皮膚や髪の毛、爪などに多く存在するアミノ酸の一種です。必須アミノ酸の一つであるメチオニンから体内で産生されまが、欠乏状態になりやすいので「準必須アミノ酸」と呼ばれています。

 

体内には数千を超える酵素があり、そのうちの約30%がL-システィンの分子の一部と同じ構造を持っています。L-システィンを補うと、様々な酵素の材料になったり代謝を活性化させることができます。

 

肌の生まれ変わりにかかわるあらゆる場面で、あるべき状態に導いてくれるスーパー成分といえます!

 

ビタミンC

ビタミンCはアスコルビン酸とも呼ばれる強力な抗酸化物質で全身を酸化ストレスから守る重要な成分です。

 

メラニンの過剰な生成を抑制し、さらに肌に沈着した黒色メラニンを無色化します。メラニン生成を抑え、既に蓄積されたメラニンに直接作用して還元します。

 

まとめ:40代で増えてしまったシミは薬でケアすれば薄くできる

40代になると気になるのが「シミ」ですね。一度できてしまったシミもセルフケアを根気良く続けていくことで改善が見込めます。シミそばかすといった紫外線ダメージに負けない肌にするために日焼け止めと併用し、医薬品で内側からケアしていきましょう。

 

抗酸化成分を取り入れながら、新陳代謝をアップして防ぎきれなかったダメージも軽減していけばシミを予防できます。

 

キミエホワイトプラスは、シミに効く有効成分L-システィンを50%増量し、新成分パントテン酸カルシウムが配合されました。シミやソバカスの緩和から、シミをバカスを治す医薬品に進化しています。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-美白・シミ

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.