美白・シミ

顔・背中・腕・シミソバカスに飲んで効く富山の薬キミエホワイト

投稿日:2013年7月31日 更新日:

美白化粧品は、世界の中でも日本がよく売れるということは聞いたことがありますが、シミ・ソバカスは30代~40代の女性のお肌の悩み第1位と言われています。

 

スポンサーリンク

最近CMでよく流れている「キミエホワイト」という、シミ用の薬は、肌のシミに体の内側から飲んで効くというものです。このシミ薬はどのようなものなのか?詳しく調べてみました。

 

キミエホワイトの4つの有効成分の働きについて

kanyou

 

日本中のシミに効く成分を調べてたどりついた成分で、第3類医薬品です。

  • L-システィン
  • アスコルビン酸(ビタミンC)
  • ニコチン酸アミド
  • リボフラビン(ビタミンB2)

 

上の有効成分の4つの働きで、シミの原因である黒色メラニンを徹底的に攻略します。

 

  1. 紫外線などの刺激で作られる黒色メラニンの生成をL-システィンが阻止します。
  2. L-システィンとアスコルビン酸が黒色メラニンを薄くさせます。
  3. 肌の代謝を正常化することで、角質に沈着した黒色メラニンを排出していきます。
  4. 皮膚の新陳代謝を助けて、透明感ある素肌へ導いていきます。

 

顔だけじゃない、全身のシミに効きます

なかなかケアしにくい腕や首など体全体に効かせるためには、体の内側から有効成分を全身に届けることが一番の近道なのです。

スポンサーリンク

 

毎日飲み続けるように飲みやすくしています

できてしまったシミは1か月、2カ月、半年と長い目で見ることがとても大切です。そのため、飲み続けやすいような粒にしています。ほんのり甘い糖衣錠に仕上げました。

 

キミエホワイトの名前の由来

農作業をしていて、紫外線アレルギーだった開発者の母の名前からきています。「君へ」「あなたへ」という想いがあるそうです。30代から40代のシミケアにおすすめです。

 

目に見える顔、背中、腕のシミを緩和するだけでなく、肌の内側に存在する、シミ予備軍隠れジミにもアプローチするようです。

 

富山県は室町時代から約500年の歴史を持ち、薬の都として栄えた歴史ある町です。シミで真剣に悩んでいる方には、キャンペーンをやっているのは14日間限定なので、試してみるのもありです。

 

新しくなったキミエホワイトプラスを1か月間じっくり試してみました。感想や詳細はこちらのページにまとめました。

キミエホワイトプラス

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-美白・シミ
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.