美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

美白・シミ

頬骨に左右対称に現れるシミは肝班で女性ホルモンの乱れが原因

投稿日:2013年3月7日 更新日:

シミは紫外線からできるというイメージがありますが、肝斑というシミは、ここ数年でよく耳にするようになりました。

 

スポンサーリンク

メラニンを作る色素細胞であるメラノサイトが活性化して、どんどんメラニンをつくり出してしまい、その結果シミになって現れるものです。

 

肝斑ができるのは30~40代の女性に多い

女性ホルモンが乱れてくる30~40代の女性に多く現れ、男性にはほとんどできません。特徴は、頬骨を中心に左右対称にできることが多いのですが、薄い茶色や灰色のもやのように見えることです。

 

また鼻の下や額に出ることもあります。肝という字を書きますが、肝臓とは関係ありません。

肝班の例

 kanpan

 

美白用の美容液で効果があります。

ホルモンバランスの乱れが影響しているので、妊娠中やピルを服用中の人、また更年期の人にも見られます。肝斑は美白用の美容液で改善することができます。

 

美容液は、抗炎症作用のあるトラネキサム酸や、できてしまったメラニンを取り除く効果があるハイドロキノンが有効です。最近はハイドロキノンよりも低刺激で高い効果のTGP(オリゴペプチド-34)を配合した美容液も登場しています。

スポンサーリンク

 

プラチナVCセラムはプラセンタ、プラチナナノコロイド、アルブチンをはじめ、老化コラーゲンアプローチして肌のうるおいや弾力だけでなく、透明感をアップさせるペプチドTGPも配合されています。

 

レビュー記事はこちらへ

プラチナVCセラムはコラーゲン生成を促す敏感肌の美白美容液

 

肝班の予防法

規則正しい睡眠やバランスのよい食事などを心がけること、そして女性ホルモンのバランスに気を配ることが大切です。また、紫外線で悪化することがあるので、外出時は帽子や日傘などで紫外線カットすることを心がけましょう。

 

ストレスによってホルモンバランスが乱れてしまい、肝斑が濃くなることもあるので、ストレスをためないようにする工夫も大切ですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-美白・シミ
-,

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.