美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

シワ・たるみ

シワ対策で効果的なのは保湿ではなくコラーゲンを増やす化粧品

投稿日:2013年3月11日 更新日:

40代シワの悩み

「シワがいつの間にかできてしまった…」「シワがなかなか消えない…」など、シワのことで悩んでいませんか?シワとは、弾力が低下したためにできてしまった折り目のことをいいます。

 

スポンサーリンク

シワは大きく分けて3種類あります。

  1. ちりめんジワ
  2. 表情ジワ
  3. 真皮のシワ

 

ちりめんジワ

ちりめんジワは目元などによくみられる浅く細いシワで、小ジワとも呼ばれます。乾燥が原因で起こるため、肌が潤うことで回復します。保湿で改善できるシワはとても薄いもので、入浴後に鏡を見ると消えているのが乾燥によるシワです。

 

表情ジワ

表情ジワは顔の表情に合わせてできるシワです。表情が戻れば見えなくなりますが、年を重ねるにしたがって深くなっていき、③の真皮へのシワへと移行していきます。

 

真皮のコラーゲンが減って起こる真皮のシワ

シワができたと自分で意識するのが真皮のシワです。真皮のコラーゲンが減ってその部分の皮膚を支えきれなくなり、皮膚全体が弾力を失うのがシワの原因です。今までは、元に戻っていた表情ジワが徐々に戻らなくなり、深いシワになっていくのです。

 

シワができる原因は加齢と紫外線にあります。紫外線はコラーゲン線維を硬く変質させます。弾力を失うだけでなく、真皮を薄くしてしまい、シワを作りやすい状態にしてしまうのです。

 

また、40歳を過ぎるころからコラーゲンの量が徐々に減少していき、皮膚のハリや弾力が失われていきます。

スポンサーリンク

 

真皮のシワに効果的な成分と効果がないケア

真皮のシワに効果があるのは、コラーゲンを強化するケアです。コラーゲンを増やす化粧品がおすすめで、レチノール、ナイアシンなどの成分が有効です。真皮のシワに効果がないのは、保湿化粧品で肌表面にうるおいを補給することです。

 

保湿はシワ対策ではなく、角質に潤いを与えるためのものであり、真皮のコラーゲンを増やすものではありません。コラーゲンを増やす効果が期待できる化粧品は、美白美容液のプラチナVCセラムです。

 

プラチナVCセラムはプラセンタ、プラチナナノコロイド、アルブチンをはじめ、老化コラーゲンへアプローチする新成分「ペプチドTGP」も配合されています。

 

レビュー記事はこちらへ

プラチナVCセラムはコラーゲン生成を促す敏感肌の美白美容液

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-シワ・たるみ
-,

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.