シワ・たるみ

二重あごや法令線のたるみは化粧品と筋トレで引き締める!

投稿日:2013年3月15日 更新日:

ベストコスメ

顔の下半分に現れるのは、皮下脂肪の重さに耐えられず筋肉がゆるんでしまった「たるみ」。垂れジワともいいます。頬からあごにかけては、顔の中で最も脂肪の厚い部分ですが、それを皮膚が支えきれなくなって下がってくるのです。

スポンサーリンク

 

法令線やあごの下がたるんでくると、顔の輪郭がぼんやりしてしまい、あごのシャープな線が失われてきます。

 

たるみに効果のある化粧品

二重あご、法令線などのたるみは、筋肉を強化して脂肪を減らすために、よく食べることも重要ですが、化粧品ではオリゴペプチド24配合のものが効果的です。成長因子IGF-1と類似の成分で、間接的に筋力を強化する作用があります。

 

美肌再生に有効な7種のペプチド(EGF)を厳選して、配合したのがミューノアージュです。皮膚科の専門医が選んだ7種のペプチドは、肌のターンオーバーなど、人間が持っている機能をサポートする重要な因子です。

 

ドクターズコスメ・ミューノアージュのレビュー記事はこちらへ

ミューノアージュで若返ります!シワやたるみに効くEGF化粧品

スポンサーリンク

 

リフトアップを意識して、顔の下から上へ、内側から外側へとなじませるのが効果的です。

 

フェイスラインのたるみ予防には筋肉トレーニングが効果的

二重あごなど、フェイスラインのたるみや、口角が下がるのは筋肉のたるみと関係するので、予防するには筋肉トレーニングが必要です。その際に表情をつくるような運動をすると、余計に表情ジワを深くしてしまうので、器具を使ったトレーニングがおすすめです。

 

例えば、口にはさんで使う、口からあごにかけての筋肉を鍛える市販のグッズは、マウスピースの筋トレなどを使うといいですよ。一番大切なことは、普段から表情に緊張感を持たせること。知らないうちに筋肉が鍛えられてたるみの予防になります。

 

口はしっかり閉じ、姿勢を正してあごから首のラインを意識するように心がけましょう。だらんとした表情でいると口角が下がり、余計に老けこんで見えてしまいますよ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-シワ・たるみ
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.