紫外線対策

汗の悩み

夏は化粧崩れで悩んでいませんか?キレイなメイクをキープする対策

投稿日:2013年8月19日 更新日:

今年の夏は特に暑い日が続きますが、女性にとっての悩みは、化粧が崩れてしまうことではないですか?メイクの崩れを押さえる、ちょっとしたテクニックをご紹介します!

 

スポンサーリンク

化粧崩れを防ぐ化粧水の選び方

気がつくと脂ぎってしまいがちなTゾーンの化粧崩れをできるだけ防ぐには、メイクをする前に収れん化粧水で、肌をしっかりと引き締めます。そうすると、皮脂の分泌が抑えられ、化粧崩れを防ぐことができますよ。 収れん化粧水の@コスメ口コミ

 

ただ、目の下や頬といった乾燥しやすい部分は、柔軟化粧水を含ませたコットンでたっぷりと潤いを与えておきましょう。@コスメで確認したら、美人ぬかの純米角質柔軟水が人気でした。

 

これでメイクのノリもよくなり、キレイに仕上がります。メイクが崩れがちな夏は、化粧水を2種類用意して使い分けるのが、メイクの美しさを長持ちさせて、化粧直しを少なくするコツです。

 

メイク前にできる汗対策

メイク前にできる汗対策ですが、冷たいおしぼりを用意します。 メイクの前に冷蔵庫で冷やしたタオルを額の生え際と顔に当てて軽く押さえ、皮膚を冷やします。

 

また頭皮に汗をかきやすい人は、なじのあたりも同じように冷たいタオルで冷やしておきましょう。

 

これで毛穴がキュッと引き締まって、汗をかなり押さえる事ができるので、メイクが崩れにくくなり、キレイなメイクを長くキープすることができます。

 

このテクニックは、メイク直しにも便利です。メイク直しの前に冷たいジェルシートなどで、首の付け根をとにかく冷やしてみましょう。顔の汗が驚くほどサッパリと引いて、きれいにメイク直しができますよ。

スポンサーリンク

 

maketeku

 

ベースメイクが崩れてしまったら…

汗をかいてベースメイクが大きく崩れてしまうと、慌ててファンデーションを重ね塗りしてしまいがちに… でもそんな時は、目の周りや、唇のポイントだけを残し、ウェットティッシュなどで、一度完全にふき取った方がよいです。

 

一度肌をスッキリさせてからやり直すと、厚ぼったくなったり、ムラやヨレができたりしません。断然キレイに仕上がるので、かえって時間が短縮できます。

 

メイク直しは3か所のポイントに

崩れたメイクを直す時、上からファンデーションを塗ると、ますますメイク崩れを招くことになります。 メイク直しのポイントは、目の下と、小鼻周り、口角の3か所です。

 

コンシーラーを何色か持ち歩き、ポイントに合った色味に調整してカバーすると、全体を直すよりもクリアな印象になります。

 

目の下は、やや明るめの色を使ってクマを隠し、小鼻周りは黄み寄りの色を使って赤みを隠してあげるといいですよ。

 

夕方のお疲れ顔にはフェイスパウダーを使いましょう

仕事が終了する前のメイク直しは、肌のくすみやファンデーションの崩れが気になりますよね。こんなときは、フェイスパウダーが役立ちます。

 

色白の肌には、薄いピンク系のフェイスパウダーを目の下、頬骨から目尻にかけて、さっとひとはけ。オークル系の肌には、バナナ色に近いライトベージュを。目頭から鼻の脇にかけて入れると顔色が冴えて見えます。パール入りならとても効果的ですよ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-汗の悩み
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.