メイクの悩み

ベースメイク

シミが目立たないメイクはカバー力の高いコンシーラーを使用

投稿日:2013年4月21日 更新日:

ファンデーションで隠せないシミには、カバー力の高いコンシーラーを使いましょう。固形タイプのコンシーラーを使い、崩れにくいようにして、自然に仕上げるのがコツです!

 

スポンサーリンク

カバー力の高い固形コンシーラーで隠す

コンシーラーは、カバー力に優れた固形タイプがおすすめです。ほんの少量で、シミやニキビの赤みをしっかりカバーしてくれます。クリームタイプのコンシーラーもありますが、顔料密度が低いのでカバー力も低く、つい厚塗りになってしまいます。

 

コンシーラーは、シミやニキビの赤みなどの気になる部分だけにポイント使いをします。コンシーラーの色は、肌の色と同じでよいのですが、シミが濃い人の場合は、肌の色より一段暗めのものを使うといいですよ。

 

適量のコンシーラーをとり、指の腹を使ってシミの部分にトントンとなじませます。シミの一番濃い部分から伸ばすのがポイントです。肌の色よりも明るいコンシーラーを使うと、白浮きしてかえって目立ってしまいます。

 

また、コンシーラーを厚く塗りすぎると、あとで崩れたとき直しようがありません。コンシーラーは最小限にして、上からパウダーをのせましょう。

 

フェイスパウダーを重ねて安定させましょう

maketeku

 

コンシーラーのように、油分の多いものをつけたあと、そのままメイクを終えてしまうと、ベタついて仕上がりも悪く、時間と共に皮脂崩れを起こしがちです。

 

パウダーを重ねるひと手間が、仕上がりの美しさとメイクのもちを大きく左右します。ファンデーションを重ねると厚塗りに見えるので、仕上げ用のフェイスパウダーを使用しましょう。

 

こまめにメイク直しをしてキレイをキープ!

コンシーラーなどでシミをしっかりカバーしても、時間がたつにつれてうっすら浮き出てくる、といった経験はありませんか?

スポンサーリンク

 

これはどんなに丁寧にメイクをしても皮脂や汗、乾燥などの様々な原因で、メイクが崩れてしまうからです。でも長持ちさせようと、朝に厚塗りをするとあとで崩れたときに、余計に直しにくくなります。

 

朝のコンシーラーは、最小限にして、後はメイク直しをこまめにするほうが、ずっときれいをキープできますよ。脂取り紙で浮いてきた皮脂を押さえたあと、朝のメイクと同じで、シミの部分にコンシーラーをのせて顔全体にフェイスパウダーを重ねます。

 

筆を使ってコンシーラーをつけたい場合は?

筆を使ってコンシーラーをつけたいという人もいるでしょう。そのときは、肌を刺激しない筆使いが肝心です。

 

筆にも様々な形がありますが、細かいシミでも広いシミでも塗りやすい「平筆タイプ」がおすすめです。肌に対して穂先を立てて使うと、チクチクして肌の刺激になってしまうので、穂先は寝かせて、肌の上を軽く滑らせるようにして使います。

 

私が気に入っているファンデーションが24hコスメです。軽いタッチのコンシーラー型スティックファンデは、24hコスメの中でも人気商品です。プレミアムファンデーションの使いやすさと肌の仕上がりが抜群で、すっかり虜になっています。

 

レビュー記事はこちらへ

美しい仕上がりと軽さが魅力の24hコスメ スティックファンデ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-ベースメイク
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.