美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

ベースメイク

シワを隠すのにファンデーションの厚塗りは余計に目立ちます!

投稿日:2013年4月22日 更新日:

シワを隠そうとして、ファンデーションを厚塗りすると、ますますシワが目立ってしまうことはご存知ですか?このファンデの厚塗りはやっている方が多いような気がします。

 

そこで、ベースメイクを工夫してみましょう。目や口元などのポイントメイクを強化して、シワに目がいかないようにするテクニックもおすすめです。

 

ファンデーションの厚塗りを避けましょう!

powder
ファンデーションをつけると、肌の色ムラが隠れて均一になります。つけたてはよいのですが、時間がたって表情ジワが刻まれてくると、余計にシワが目立ちます。色が均一で、白っぽいほど、陰影が目立ってしまうのです。

 

分かりやすく説明すると、真っ白いジャケットと、柄ものでは、真っ白の方がシワが目立つのと同じです。厚塗りをすると、シワがいっそう目立つのは、厚い粉の層に表情ジワの亀裂が入るためなのです。

 

シワを目立たせないようにするには、ファンデーションの「脱・厚塗り」を心がけることです!

 

下地のつけすぎは化粧崩れを招きます

もうひとつ注意したいのですが、メイク前に油分の多い化粧品を使ったり、下地をつけすぎてしまうと、あとからでてきた皮脂が加わって油分過剰になってしまうことに…

 

過剰な油がファンデーションの中の油分と混じっていき、化粧崩れを起こすのです。これを防ぐには、下地とファンデーションをつけすぎないようにすることです。メイク前の保湿をしっかりしておけば、下地なしでもファンデーションはキレイにつけれます。

 

フェイスパウダーで自然な仕上がりに!

パウダーファンデーションを塗った後に肌が粉っぽくなってしまうと、シワが目立ちやすくなります。

 

メイク前の保湿が充分なら、粉っぽくならないですが、どうしても気になる場合は、ファンデーションの代わりに、メイクの仕上げなどに使うフェイスパウダーや粉おしろいを使うのもおすすめです。

 

粒子が細かいパウダーは、肌にフィットするので、粉っぽくならず、シワが目立たなくなりますよ。

 

目尻のシワは、ハイライトでカバーする

目元の肌に立体感を持たせて、若々しさを引き出すようにハイライトでカバーしましょう。偏光パール入りのパウダータイプのハイライトは、光を拡散させる効果があるので、肌に自然な輝きと透明感を与えます。

 

目尻をやや上げる気持ちでハイライトを入れると、より若々しい印象になりますよ。

 

ポイントメイクでシワから視線をそらしてみましょう

人の視線がシワにいかないように、アイメイクやリップメイクなどのポイントメイクを際立たせる方法もおすすめです。たとえば、口元のシワが気になるなら、自分に合う色のアイシャドウやマスカラをしっかりつけて、印象的な目元に仕上げます。

 

そうすれば、視線が目元にいきやすくなるので、口元が気にならなくなります。また、アイラインをアイシャドウでぼかすと、まぶたが立体的に見え、自然で引き締まった印象になります。

 

kirakira

-ベースメイク
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2019 AllRights Reserved.