ベースメイク

たるみが目立たなくなるメイクで若々しい印象になるテクニック

投稿日:2013年4月23日 更新日:

鏡を見るたびに気になる顔のたるみ…法令線や、まぶたのたるみなど、「目もとや口もとのたるみはメイクで解消できないかな?」と考えたことはありませんか?

 

スポンサーリンク

下がってしまった皮膚をメイクで持ちあげるのは難しいですが、目立たないようにする方法はあります。

 

輪郭のたるみはシェーディングでカバーする

powder2

二重あごなどの顔の輪郭のたるみには、肌に明るい部分と、暗い部分を作りだして立体感を演出するシェーディングを利用します。たるみが気になる部分に、自分の肌の色よりもワントーン暗めのパウダーか、練りタイプのファンデーションを塗ります。

 

その後、顔全体に肌の色に合ったフェイスパウダーをはたきます。シェーディングは、顔に立体感が出て引きしまって見えるので、二重あごを目立たなくするにはおすすめです。

 

法令線対策にハイライトは?

「法令線はハイライトで消す」という方法を雑誌などで紹介されていますが、あまりおすすめではありません。ハイライトを入れた直後は、法令線の部分が明るく反射して目立ちにくくなりますが、法令線のできる口元は、皮膚がよく動く場所です。

スポンサーリンク

 

そのため、時間がたつとハイライトがヨレやすく、ヨレたところが法令線に入り込み、筋のようになってくっきりと目立ってくるのです。法令線の対策は、目元を強調するなど、ポイントメイクで、視線をそらすようにした方がいいでしょう。

 

ハイライトやチークでポイントを高い位置に

Tゾーンや目の下にパウダータイプのハイライトをのせます。そうすることで、目もとがパット明るい印象になって立体感も生まれます。

 

そして、頬の高い位置にチークを入れましょう。ニコッと笑った時の頬の一番高い位置に入れるのがおすすめです。メイクのポイントを上に持ってくると、顔全体が上がった印象になりますよ。

 

ビューラー使いでまぶたのたるみを解消

上まぶたのたるみが気になるなら、ビューラーでまつ毛を根元からカールアップするのがおすすめです。

 

まぶたが上がって見えて、若々しい印象になります。下まぶたのたるみが気になる人は、目元を印象的に仕上げると余計に、目に視線がいってしまいます。リップや口紅などで、口元にポイントをおくのがおすすめです。

 

下がった口角を上げる!

口角が下がると、顔全体がたるんで見えてしまいます…。こんなときは、クリームタイプのハイライトをのせて、口角をキュッと持ちあげましょう。クリームタイプのハイライトを筆にとり、下唇の左右の口角部分にのせ、指の腹を使ってトントンとなじませます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-ベースメイク
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.