美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

歯のケア

歯が黄色くなる原因は加齢・食べ物・喫煙などが考えられます!

投稿日:2013年6月19日 更新日:

歯磨き

子供の歯は眩しいぐらい白く輝いていますよね。それが大人になると、黄色みを帯びてくるのはなぜでしょうか?

 

スポンサーリンク

それは、加齢や食べ物、喫煙などの影響によるものが大きいからです。歯の色を気にしている方もいると思いますので、今回は、歯が黄色くなる原因についてご紹介します!

 

加齢が原因によるもの

 

歯の表面は、半透明のエナメル質で覆われています。その下に象牙質という黄色い層があります。象牙の色は、だれでも年を取るに従がって、だんだん濃くなってきます。

 

その一方で、エナメル質は少しずつ薄くなっていくために、エナメル質から下の象牙質の色が透けて黄色っぽく見えるようになってくるのです。

 

食べ物に含まれる着色成分や喫煙が原因

tea

スポンサーリンク

歯に色が付きやすいものは、コーヒー、紅茶、日本茶、ウーロン茶などのお茶類です。これは、コーヒーカップや湯飲み茶わんなどに茶渋がつくのと同じです。

 

他にも赤ワインや、コーラ、ブドウ、ブルーベリー、木イチゴ、カレーなど、色の濃い食材の多くは、歯に着色しやすいという特徴があります。

 

これらの食べ物に含まれる着色成分は、最初のうちは歯の表面が汚れているだけなのですが、時間がたつにつれ、次第にエナメル質の中にしみ込み、普通に歯磨きをしただけでは落とせなくなってくるのです。

 

また知っている方も多いと思いますが、たばこのヤニも、歯が変色する大きな原因です。喫煙する習慣がある人は、歯が黄色っぽくなりやすいというのは本当です。

 

その他の原因

他にも歯が変色する原因として、虫歯の治療などで神経を抜いてしまった場合があり、時間がたつにつれて、歯が内側から茶色に変色してくることがあります。

 

このように、歯が黄色っぽくなる変色は、外からの要因と内側からの要因があります。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-歯のケア
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.