美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

歯のケア

虫歯になりやすい人は虫歯菌を減らすキシリトールを利用しましょう

投稿日:2013年6月24日 更新日:

虫歯予防の標準アイテムとなっているのがキシリトールですが、その作用は、意外と知られていないようです。 もっと上手に利用するために、キシリトールの特徴を知っておきましょう。

 

スポンサーリンク

キシリトールは虫歯菌を減らします

虫歯菌は甘い物が好きです。それなのに、砂糖と同じくらいに甘い、キシリトールが虫歯予防に役立つのはなぜでしょうか?

 

キシリトールは、白樺や樫(かし)などに含まれる天然の甘味成分、キシラン・ヘミセルロースに水素を加えて化学反応を起こした糖アルコールと呼ばれるものです。

 

ミュースタン菌に代表される虫歯菌は、糖を分解して酸を発生させますが、キシリトールは、虫歯菌が分解できない独特の構造なので、酸を発生させることができずに、次第に数が減っていくのです。

 

また、キシリトールの爽快感のある甘味は、唾液の分泌を増やす効果もあります。しかも、唾液中のカルシウムと結びついて「キシリトール-カルシウム」になると、エナメル質の再石灰化を促すという効果もあるのです。

スポンサーリンク

 

dental2

 

キシリトールを利用したほうがいい人

キシリトールは、ミュースタン菌の多い人、虫歯になりやすい人、唾液の少ない人、ストレスの多い人などにおすすめです。

 

キシリトールを口の中に長時間とどめておけるという点では、ガムがよいでしょう。ミュースタン菌を減らしたい人は、食事をとった直後に、唾液を増やしたい人は、食前にかみましょう。

 

かみ方のポイントは、最初に出る唾液は呑み込まず、2分間を目安にためて、口の中でぐるぐる回すことです。これは、ミュースタン菌をまんべんなくキシリトールに行き渡らせるためです。

 

2分間唾液をためるのが難しい人は、最低5~10分間はかみ続けましょう。

 

【参考サイト】 お口の恋人ロッテ・キシリトールガム

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-歯のケア
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.