ヘアケア

ヘアカラーする時は落ち着いた色のほうが髪にダメージを与えない

投稿日:2013年5月1日 更新日:

最近では、ファッションやメイクを楽しむように、髪のカラーリングもすっかり日常的になりました。その分、「髪のダメージをどう減らせることができるか」が、カラーリング剤の課題になります。

 

スポンサーリンク

それだけに、髪をいたわりながら、カラーリングできる商品も誕生していますが、髪を染めることで、ケアできるというものも登場しています。

 

ヘアカラーは髪のダメージが大きい

preservedflower

 

ヘアカラーは、毛髪のメラニン色素を脱色させて、毛髪の内部に浸透し、その化学反応で色素をつくります。

 

そのため、化学反応によるアレルギーに注意が必要です。色もちがよく、黒い髪でもさまざまな色に染めることができますが、髪に対してのダメージも大きいので、トリートメントなどのケアが必要になります。

 

ヘアマニキュアはアレルギー体質でも安心

それに対してヘアマニキュアは、色素を毛髪の内側まで浸透させたものですが、毛髪内部の化学反応でできた色素ではありません。

スポンサーリンク

 

シャンプーする度に色落ちし、2~4週間で元の色に戻ります。化学反応がないのでアレルギー体質の人でも安心です。

 

カラーリングの色は落ち着いた色がおすすめ

カラーリングする際は、できるだけ落ち着いた色の方が髪にダメージを与えにくいといえます。髪の色をピンクや紫色などに染める時は、メラニン色素を壊してしまいます。

 

これは髪が守っている頭皮にもよくありません。紫外線や外界の刺激をブロックしていたメラニンがなくなるので、髪はすっかり無防備状態に…。

 

できるだけ髪のカラーをガラッと変えるのではなく、元の色に近い色を選んで染めていくことがおすすめです!

 

明るい色に染めたい場合は、自分でやるのではなく、美容院で相談してみましょう。サロンスタッフならヘアカラーについての知識も豊富なので、ケアをしながら自分に似合うカラーをすすめてくれますよ。

 

自分でカラーリングするなら自然な色目がおすすめです。髪全体にバランスよく、きれいなカラーを入れるのは、なかなか難しいものなのです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-ヘアケア
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.