美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

ヘアケア

美しい髪を育てるにはバランス良い食事と健康な生活を送ること

投稿日:2013年5月2日 更新日:

ヘアケア製品の選び方

ダイエットや病気の後に「髪が細くなった」とか「髪が抜けてしまった」という話をよく聞きます。

 

スポンサーリンク

髪は皮膚の一部なので、栄養が不足したり偏ったりすれば髪もやせたり抜けてしまうものです。元気で美しい髪を育てるための、栄養についてご紹介します。

 

栄養が不足すると最初に髪に現れます。

髪は体の健康状態が最初に現れやすい場所で、毛細血管により、髪に必要な栄養素は運ばれてきます。

 

栄養が不足すると、末端の毛細血管まで栄養が行き渡らなくなり、その先の髪へも栄養が届かなくなってしまいます。そこで、髪に必要な栄養素をバランスよくとることで、健康な髪を育てることができます。

 

元気な髪はバランスの良い食事と健康な生活からです

髪をつくっているのはケラチンというタンパク質です。ケラチンをつくる栄養素をとることが、美髪になる近道といえますね。

 

その他にも血行を促進してくれるものや、血液をサラサラにしてくれるもの、髪を発育させてくれるものなどをバランスよく食べることが大事です。健康的な生活を心がけて体が健康であれば、髪も美しさを維持することができます。

 

しかし、髪にとってストレスは要注意です。ストレスがたまってしまうと、髪のためにとった栄養もうまく生かされなくなり、栄養の吸収も低下していきます。

 

元気な髪をつくるには、バランスの良い食事と心身ともに健康な生活を送ることが大切なのです!

スポンサーリンク

 

髪に良い食べ物について

 

良質のタンパク質

【肉類、魚類、卵、大豆製品、乳製品】

髪に良い食べ物

 

髪の毛の主成分は、上質のアミノ酸を含むタンパク質で、これは動植物に多く含まれています。青味の魚や大豆製品などを多めにとりましょう。

 

海藻類

【わかめ、ひじき、昆布】 髪の発育を促すヨードが含まれています。肉や魚などと一緒にとることで、発育の促進が期待できます。

 

ビタミンB類

【玄米、小麦胚芽、米ぬか、豚肉の赤身、レバー、マグロ】 頭皮の新陳代謝をよくしてくれます。

 

ビタミンE

【玄米、胚芽米、ゴマ、ナッツ類、小麦胚芽油、紅花油】

 

ビタミンA

【ニンジン、カボチャ、小松菜、ほうれん草などの緑黄色野菜】

 

血行を良くし、抜け毛予防に効果的なのがビタミンEとビタミンAです。

 

血管をしなやかに保ち、常にサラサラの血液を頭皮まで届けるために必要な栄養素です。

 

コラーゲンを含むネバネバ食品

【山芋、長芋、里芋、レンコン、納豆】

 

髪のツヤやハリを保ってくれるコラーゲンを作るのにネバネバ食品はおすすめです。血液のサラサラ効果もあります。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-ヘアケア
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.