ヘアケア

ヘアケア

髪と頭皮の事を理解して正しいヘアケアを習慣にしましょう!

投稿日:2013年5月7日 更新日:

髪のケアをするなら、髪と頭皮のことを知りましょう。頭皮の仕組みが理解できると、正しいケア方法の習慣づけに役立ちますよ。

 

 

スポンサーリンク

髪は皮膚の一部でもあり、頭皮と強いつながりがあります。頭皮が健康でなければ、健康的な髪も育ちません。

 

髪の毛の仕組みについて

hair

 

髪は普段あまり意識していませんが、体毛の中でも特別扱いされています。ケアの点においてもまさに別格で、髪をケアする製品や方法は数え切れないほどあります。

 

髪は美容室などでプロに任せてカットやパーマ、ヘアカラーを行うのが普通ですが、自宅でもシャンプーにリンス、トリートメントと…体毛で手厚くケアされる毛は他にはありません。

 

髪は一般に10万本あります

髪は毛根と、毛幹からできています。毛根とは、皮膚の内側の部分で、毛幹とは皮膚の外側の部分です。

 

髪は毛幹部のことを指しますので、頭毛と言ったほうがわかりやすいかもしれません。

 

キューティクルはうろこ状です

髪のダメージ初期は、キューティクルの損傷でツヤがなくなり、いたみを自覚します。このキューティクルは、肌でいうと表皮と同じ役割をしています。

スポンサーリンク

 

魚のうろこの様な形をしているので、髪を柔軟に曲げることができるんです。キューティクルが密に重なり合い整っていれば、健康な髪であるといえます。

 

キューティクルがはががれそうになっている状態は、髪が傷んでいる状態です。

 

キューティクルは指紋と同じで人それぞれ違います

キューティクルは健康な毛でも、1人ひとり違うため、指紋と同様に一本の髪から誰のものであるかを判定できます。

 

また、硬い毛と軟らかい毛ではキューティクルにも特徴があります。硬い毛はキューティクルの枚数が多く、重なりが厚いです。

 

柔らかい毛はキューティクルの枚数が少なく、重なりが薄いです。

 

キューティクルが壊れるとツヤが失われます

キューティクルには、髪の水分を保持する役目もあり、キューティクルが壊れると、髪は水分を保持できなくなり、ツヤが失われます。一度壊れたキューティクルの再生は不可能です。

 

しかし、キューティクルを保護するようなシャンプーや、トリートメントを使うと、ダメージの修復に役立って、水分をキープできるようになります。

 

それでも修復には限度があるので、なるべくダメージヘアにならないようにして、ダメージがそれ以上に進行しないようにケアをしましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-ヘアケア
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.