除毛と脱毛

永久脱毛は2種類あります!レーザー脱毛と電気脱毛の違いは?

投稿日:2013年5月13日 更新日:

永久脱毛を受ければ、毛は本当に一生生えてこないのでしょうか?

 

スポンサーリンク

永久脱毛は、医療機関やエスティックサロンなどで行われていますが、しっかりした技術の永久脱毛を受ければ、毛はもう生えてこなくなります。

 

レーザー脱毛と電気脱毛の2種類があります。

0477

 
 

永久脱毛を受けると、自己処理の必要がなくなるので楽になりますね。また、毛を取り除いた後の皮膚トラブルともサヨナラできます…。

 

肌が弱くて、剃っても抜いても、シミができやすい体質の人は、永久脱毛を受けてみるのもいいかもしれません。永久脱毛には、レーザー脱毛と、電気脱毛の2種類があります。

 

レーザー脱毛は痛みは少ないが肌質を選びます

レーザー脱毛は、レーザーの光で毛と一緒に毛母細胞(毛を生み出す細胞)を焼く脱毛の方法です。そのメリットは、電気脱毛に比べると痛みは少なく、脱毛を受ける前に、毛を伸ばさなくてもよい点です。

 

しかし、皮膚にもレーザーが当たるので、もともと色黒の人や、日焼けをした人は、やけどを起こしやすいので、避けた方がいいといえます。

スポンサーリンク

 

ここ10年位で人気が出てきているこのレーザー脱毛ですが、日本においては新しい技術です。実は、完全に永久脱毛できると言い切れるレベルまでは技術が及んでいないのが現状です。

 

これは、私たち日本人に行う場合に、「強くかければやけどするし、弱くかければ毛が減らない」という問題があるからです。

 

そうはいっても、レーザー脱毛は肌質が合うと、とても良い結果になり、数回の施術を行った後で、何年もほとんど生えてこないケースもあります。

 

電気脱毛は時間はかかるが1本残らず抜けます

電気脱毛は、毛穴に1本1本針を挿入し、毛根に電気を通して毛包を壊します。レーザーよりもかなり歴史の古い脱毛法です。

 

痛みも若干強くて、時間もかかってしまいます。また、毛をある程度伸ばさないといけないのもデメリットです。しかし、電気脱毛は1本残らず抜くことができるし、肌質を選ばずにできるのが良い点です。

 

多額の契約は避けて、まずはせまい面積からはじめましょう

レーザー脱毛と、電気脱毛のどちらを受ける際にも、トラブルを防ぐには、はじめから多額の契約をするのはやめた方がいいでしょう。

 

まずは、せまい面積から少しずつ施術を受けるようにします。はじめから腕などの目立つ箇所は、やらないほうが無難です!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-除毛と脱毛
-, ,

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.