最新コスメ情報

肌のために役立つコラーゲンのとり方がTVで放送されていました

投稿日:2013年8月22日 更新日:

今日は、美肌を目指す方におすすめのコラーゲンについての話題です。コラーゲンはタンパク質の一種で、繊維状の構造を作る性質があり、皮膚、筋肉、骨、内臓などのいたるところに存在し、肌のコラーゲンは、真皮にあります。

 

スポンサーリンク

コラーゲンはゴムのように弾力を持った繊維なので、肌は押しても元に戻りますし、多少は伸び縮みするのですが、紫外線や加齢によって劣化すると、古くなったゴムと同じで弾力を失ってしまいます。

 

フジテレビの健康番組「間違いだらけの健康ジョーシキ」で、コラーゲンのとりかたについて放送されていて、とても参考になったので、ご紹介します!

髪に良い食べ物

 

老化によってなくなるコラーゲンは10%です

クリニックの南麻布の伊藤まゆ先生は、コラーゲンはあるとり方をしないと、肌のために役に立たないと言っています。

スポンサーリンク

 

コラーゲンを食事で摂取した翌日、肌がつるつるになったと感じる事も多いですが、塩分の多い食事をとると、むくむので、それがつるつるになったと感じるのだそうです。

 

老化によってなくなるコラーゲンは10%程度で、ビタミンCと一緒に摂ると効率が良いといわれています。

 

肌のために役立つコラーゲンのとり方について

双子のザ・リリーズが4週間の実験をしました。姉の奈緒美は、コラーゲンを1週間おきにとり、妹の真由美は、コラーゲンを毎日とり続けるというものです。コラーゲンがとれる食事は、フカヒレ、ウナギ、鶏肉の手羽先、豚足などです。

 

4週目を終えて最終結果を測定すると…。毎日とった真由美のコラーゲン数値は、始めは上昇しましたが、2週目以降は横ばい状態に。一方で、1週間おきにとった姉の奈緒美のコラーゲンの数値は、ぐっと上がり続けるという結果に!

 

実験結果からもわかるように、肌のために役立つコラーゲンのとり方は、毎日よりも、1週間おきにとる方が効果的であることが実証されました。

 

繊維が細胞に刺激を与えると、コラーゲンが元気なままになるようで、コラーゲンの密度が上昇すると、キメの密度が上がってキレイな肌になるのです!

 

今までコラーゲンのとり方をそれほど意識してなかったのですが、1週間おきでコラーゲンの数値が上がるなら、やってみたくなりましたね 😉

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-最新コスメ情報
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.