スキンケア

自分に合った美容液を選ぶには有効成分をしっかり確認すること

投稿日:2013年4月15日 更新日:

美容液とは一体どんなものを指すのか?というと、通常は透明または半透明のジェルで、保湿や美白などの有効成分を豊富に含む化粧品のことをいいます。

スポンサーリンク

 

小さめの容器に入っていて、値段は少し高めのものが多いようですが、最近は、いろいろな形の美容液が出回っています。クリームに近いものや化粧水のように水っぽいものもあり、値段もマチマチです。

 

「こういうものが美容液である」という定義はないので、各メーカーがいろいろな美容液として売り出しているのです。

 

美容液には、保湿・美白・アンチエイジングなどの成分が含まれている

dresser

 

美容液を選ぶときは、どのようなことに注意したらよいのでしょうか?

 

まずは大事なところですが、配合されている成分を確認しましょう。保湿から美白、アンチエイジングなど、いろいろな成分を含むものがあります。美容液の効果を期待できるところなので、有効成分のところは、はっきり確認することが大切です!

 

サラッとしたジェルタイプの美容液が肌に優しいです

美容液の使用感についてですが、あまり固すぎたり、ベタベタすぎるものは刺激が強すぎるものが多いです。

スポンサーリンク

 

増粘剤という高分子化合物で粘度をつけているのですが、これが多すぎると肌が荒れることがあるので、サラッとしたジェルタイプの方が肌に優しいのでおすすめです。

 

美容液の種類と特徴

自分に合った美容液と使い方を見ていきましょう。

 

保湿用

保湿用は、保湿成分のヒアルロン酸やコラーゲンなどが配合され、うるおいをとどめる効果があります。

 

美白用

美白用は、美白成分であるビタミンC誘導体やアルブチンなどを含み、メラニンの生成をブロックする効果があります。

 

紫外線防止用

紫外線吸収剤を配合したものと、紫外線散乱剤を配合したものの2つがあります。紫外線吸収剤を配合したものは、肌への負担が大きいとされているので注意が必要です。

 

毛穴用美容液

皮膚のピーリング作用があるフルーツ酸などを配合しているものが多いですが、毛穴の開きは過剰な皮脂分泌によるものだけでなく、たるみによる場合もあります。その場合は、専用の美容液を使いましょう。

 

シミ・シワ用

ハリや弾力感を取り戻すため、元となる繊維芽細胞に働きかけるレチノールやナイアシン、ポリフェノールなどを配合しているものもあります。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-スキンケア
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.