美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

スキンケア

自分に合う化粧品が分からない方へ!選び方をナビゲート

投稿日:

スキンケア化粧品

雑誌やテレビ、友人からの情報で凄く良いらしいと知った化粧品、美容法を試してみたら同じ肌の悩みを持つはずなのに、全然合わなくて肌がボロボロになってしまった…。そんな経験はありませんか?

スポンサーリンク

 

100人いれば100通りの肌があるのは当たり前です。しかし自分の肌に合うかどうか、目星も付けられず試してしまうのは危険です。普段使っている化粧品は、自分の肌に合っていると言い切れますか?

 

「雑誌にのっていたから」「美肌の友人が使っていたから」「高級そうだから」必ずしも流行りのものや、キレイな人が使っているアイテムが、自分に合っているとは限らないのです。美肌に憧れているのに美肌になれないという方は、もしかすると今の化粧品が自分に合っていないのかもしれませんね。

 

自分に合う化粧品の選び方

①肌質で選ぶ

肌質は大きく分けて普通肌・脂性肌・混合肌・乾燥肌・敏感肌の5つあります。肌質で化粧品を選ぶには、まず自分がどのタイプかを知ることが大切です。洗顔の後、顔を拭いたら何もつけず、5~10分放置して肌の状態をチェックしましょう。

 

サラっとしていたら普通肌、Tゾーンを中心に脂っぽくなったら脂性肌、カサカサして息苦しさを感じたら乾燥肌、部分によってカサカサしたり、ギトギトしていたら混合肌です。

 

寒くなる冬の季節に悩む人が増える「赤ら顔」。敏感肌で赤ら顔に悩む人の救世主の化粧水です。

顔の赤みを消す化粧水・赤ら顔専用【白漢しろ彩】

 

②値段で選ぶ

高額の化粧品だから良くて、安い化粧品だから悪いとは一概に言えません。高級ブランドの化粧品だから肌に効果的と思われがちですが、一番大事なのは「自分の肌質にあっているかどうか」です。

 

③カウンセリングしてもらう

肌質はタイプ分けがあるとはいえ、10人いれば10通りあるといわれるため、一度プロに自分の肌を直接見て判断してもらうカウンセリングを受けてみるのも良いでしょう。自分の正確な肌質が分かるうえ、肌トラブルの改善法やケアなども教えてもらえます。

 

④成分で選ぶ

化粧品に含まれている成分で選ぶ方法もあります。話題の美容成分が入っているものを選ぶのもいいですね。また肌への刺激が強すぎたり、肌トラブルの原因となる成分もあるので、よく見極めることがポイントです。

 

合成界面活性剤や、タール色素、着色料といった、皮膚刺激を起こしやすいものが含まれていないかもチェックしましょう。私の化粧品選びは「成分重視」です。今話題の美容成分「ナールスピュア」に注目してみませんか?

 

乾燥性敏感肌のしわやたるみを集中ケアする【ナールス ネオ】

 

⑤季節で選ぶ

乾燥肌の場合、秋冬の乾燥する季節はより保湿力の高いアイテムを選ぶことが大切です。敏感肌・乾燥肌に合う化粧品は、持田ヘルスケアの「bi-ke-eiji」です。セラミドを補うスキンケア化粧品です。

 

コラージュビーケーエイジは敏感乾燥肌に悩む40代向けの化粧品!

スポンサーリンク

体質別に肌タイプの特徴があります

失敗したら化粧品ももったいない。そんな状況を改善して、自分に合う化粧品の目星をつけやすくする「肌タイプの診断」を紹介します。

肌質を知る

 

人の体質は「外胚葉形」「中胚葉形」「内胚葉形」の3つに分けられ、肌タイプも体質別に特徴があります。それぞれの体質は、受精卵や母親の胎内で細胞分裂を繰り返した時に、胚のどの部分がより発達したかを表したものです。

 

診断結果によって、一見肌が強そうに見えるけど早く老けやすいタイプとか、肌が疲れているように見えるけど、実は外からの刺激には比較的強いタイプとか、色々なことが分かるようです。

 

自分のタイプが分かると対策もしやすいものです。以下のタイプ診断の表の体つきから足までの各項目について、自分がこれだと思うものに〇を入れてみて下さい。出来上がったら赤い口につけた〇を2点、青い口につけた〇を1点としてカウントします。点数が一番多かったものがあなたの体質です。

肌質チェック

外胚葉形=乾燥代謝不足に注意

基本は普通肌、乾燥肌です。黄ばみやくすみがあり、やや疲れているように見えますが、外からの刺激には比較的強い肌です。

 

やり過ぎは良くないですが、角質除去に弱いという体質ではないです。水分摂取量が比較的少なく、代謝機能も活発ではないので、利尿作用のある食品を取るなどして代謝を促すと良いです。ストレスが原因で、吹き出物や肌荒れのトラブルが起こりやすいのもこのタイプです。

 

乾燥が気になるからとオイルを与えすぎてしまうと、自分の肌が本来持っている皮脂の分泌量が低下してしまいやすいので注意。また自分に合ったストレス解消を見つけることも肌にとって大切なことです。

 

ちなみに私はこのタイプでした。代謝が低い方だしオイルが合わないような気がしているので、当たっている部分があります。

 

中胚葉形=皮脂汚れ、ごわつき、しわ、シミに注意

基本は普通肌、オイリースキン、敏感性オイリースキンのどれかです。皮脂腺が発達しているため、皮脂汚れが原因で毛穴の黒ずみや吹き出物などのトラブルが起こりがちに。皮膚が厚くて硬くなりやすく、肌がごわつきがちに。大ジワにもなりやすいタイプです。

 

皮脂分泌が多いので、肌を清潔に保つことが大切です。ただしアルカリ性の洗顔料はシワの原因になり、肌の老化を早めるので注意。皮膚が固くなりやすいため角質除去が必要なタイプです。

 

内胚葉形=刺激、小じわ、かさつきに注意

基本の肌は普通肌、乾燥肌で、混合タイプもいます。きめ細かく色白で一見トラブルが少なく見えますが、表皮が薄く外からの刺激に弱いタイプです。外部からの刺激に弱い肌なので、角質除去は慎重に。

 

また小ジワや顔がかさつきやすいのも、このタイプです。日焼けで炎症も起こりやすいので注意。放っておくと老化が早いので乾燥対策を行い、肌に強い刺激を与えないことが大切です。

 

化粧品をコロコロ変えるのは良くありませんが、大切なのは今のスキンケアで満足しているかどうかです。美肌にほど遠いと感じていたら、今使っている化粧品を見直してみませんか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-スキンケア

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.