スキンケア

界面活性剤で肌に悪いのは洗浄成分の強いクレンジングや洗顔料!

投稿日:2013年5月30日 更新日:

「界面活性剤」という言葉はよく聞きますが、それが、どんなものかを知っていますか?

 

スポンサーリンク

「界面活性剤」は、水と油を混ぜ合わせるもので、乳化剤ともいわれています。もし化粧品に乳化剤が入っていなければ、ドレッシングのように、水と油が2層に分かれてしまいます。それらを長時間、混ぜ合わせた状態に保ってくれるものが乳化剤なのです。

 

乳化剤にも種類があり、乳液やクリームに入っている乳化剤が肌トラブルを起こすことはほとんどありません。

 

肌に悪い界面活性剤とは?

肌に悪いのは、洗浄成分の強い洗い流さなければならないタイプの乳化剤で、クレンジング剤や洗顔フォームに入っている「界面活性剤」です。 これは、油性の汚れを水で流すための橋渡しの役目を果たしています。

 

「界面活性剤」は、使いすぎると肌のうるおいを奪ってしまうので注意が必要です。特にクレンジングする時は、素早く行うことがポイントです。 ちなみに、石けんに含まれる洗浄成分は、界面活性剤ではなく、石けんの成分です。

スポンサーリンク

 

石油系の合成界面活性剤は肌をいためる?

石油系の合成界面活性剤が、肌に悪いものであるとよくいわれていますが、これは本当なのでしょうか?

 

最近では、研究が進んでいて、安全性が高くて、肌への刺激が少ない合成界面活性剤が多く開発されています。しかも少ない配合で、効果的に乳化する技術も発展してきています。 このことからも、石油系だからといって肌トラブルを起こすことは少ないといえます。

 

肌荒れが起きた成分

肌荒れした化粧品の中に含まれていた全成分をチェックしていたら、陽イオン界面活性剤が含まれていて、最も刺激が強いと言われているものが入っていました。

 

通常はリンスなどに含まれているポリクオタニウムという成分は、化粧水やクリームなどに含まれている化粧品が結構ありましたので、敏感肌の方は気をつけましょう。肌荒れが起きる可能性があります。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-スキンケア
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.