スキンケア

ヒアルロン酸は安くて優れた保湿成分ですが弱点もあります!

投稿日:2013年7月7日 更新日:

保湿

ヒアルロン酸は元々、ニワトリのトサカから抽出され、高価なものとされていました。

 

スポンサーリンク

しかし今は、バイオの技術で安く生産できるようになり、ハンドクリームや、ヘアケア製品にまで配合されるようになってきています。ヒアルロン酸は化粧品として肌に使った場合、肌表面の保湿としてはとても優れています。

 

ヒアルロン酸は、セラミドよりも安い保湿成分です

セラミドよりはかなり安価で、敏感肌の人でも使えるので、日常使いの保湿成分としてはとてもよいものです。

 

とくに30代くらいまでの人の場合は、肌の水分を増やすようにした方がいいので、乳液よりも、ヒアルロン酸配合のノンオイル(もしくは油分少なめ)の美容液を使う方がよいです。

 

ヒアルロン酸の欠点について

ただし、ヒアルロン酸の欠点は、あまりたくさん使うと肌がベタっとした感じになります。

スポンサーリンク

 

水分が多いので、夏場の湿気の多い時のように肌が湿った感じになり、潤ってなめらかになるというよりは、ペッタリとはりつく感じになります。そして化粧のりが悪くなることもあります。

 

これはなぜかというと、ヒアルロン酸が元々は角質内には存在しないものだから。表面の角質にはないものなので、なじみがよくないのです。そして、元々角質にあるセラミドのほうが、どうしてもなじみやすいように感じるのです。

 

優れた保湿化粧品はうまくブレンドされています

しかし、ヒアルロン酸は、優れた水分維持能力を持っているので、保湿成分としてはなくてはならないものです。

 

どんな保湿成分でも一長一短なので、いろいろなものを取り合わせて、うまくカバーしあうようにブレンドされたものが、優れた保湿化粧品です。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-スキンケア
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2018 AllRights Reserved.