美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

クレンジング

クレンジングオイルの欠点を覆すスプーン・スプーンのメイク落とし

投稿日:

クレンジング

念入りにスキンケアを行っているのに乾燥肌になったり、肌の老化が気になる、くすんでいるなんてことがあったら、毎日肌にダメージを与えていることをしていませんか? もしかすると原因はメイク落としのせいかもしれません。

 

オイルやリキッド、クリーム、ジェル、ミルクなどクレンジング剤は種類が豊富です。どれを使ったらいいか迷ってしまい、たまたま手に取ったクレンジング剤をずっと使い続けていたら、これまでのお手入れを見直す機会です。

 

一般的なクレンジングオイルは、石油由来のオイル(合成界面活性剤)で皮脂バリアを壊し、無理に汚れを取り除く方法が多いです。

 

クレンジングオイルを使い続けていると、肌のツッパリや乾燥を招いたり肌に負担を与えてしまい、その結果メイクを落とすことでその後のスキンケアの効果を下げてしまうこともあります。

 

美肌作りの第一歩はクレンジングからです。自分に合う商品を見つけましょう。

高品質なクレンジングオイルが美肌を作る

毎日のスキンケアで一番基本となるのはクレンジングです。美しい肌は洗顔から始まります。

 

メイクやUVケア用品、コスメ、ほこりなどで汚れた肌をクリアな状態にするなら、毛穴の奥の汚れ角栓、角質はやはりオイルタイプで洗い流すのが一番です。超乾燥肌でない限り、その方がより美肌に近づけます。

 

洗浄力の弱いクレンジングでは、メイクを落としきれなかったり肌をこすってしまうため肌に刺激を与え、傷めてしまうことがあります。クレンジングオイルのメリットやデメリット、今までのオイルクレンジングの常識をくつがえすクレンジング剤を紹介します。今日からのクレンジングを見直してみて下さい。

 

クレンジングオイルの利点は?

  • 洗浄力が高い
  • ウォータープルーフのしっかりメイクでも落としやすい
  • 毛穴汚れにも効果が期待できる
  • 濃いメイクでも簡単に落とせる
  • 毛穴の奥まで落とせる

 

クレンジングオイルはその名の通り、油分がメインのクレンジング剤です。化粧品の多くは油分からできているので、同じ油分で作られているオイルクレンジングで落とすのは効率的です。数あるアイテムの中で洗浄力が強いのがメリットです。

 

クレンジングオイルの欠点とは?

  • 洗浄力が高い
  • 滑りが良いから擦りすぎで赤ら顔になる
  • 逆に乾燥する

 

オイルクレンジングは、洗浄力が強すぎて肌の負担になる顔をゴシゴシ擦ってしまう可能性があり、使用後に乾燥しやすいです。

 

欠点をまとめると、洗浄力が強すぎるため肌にとって必要である皮脂や潤いまで洗い流してしまいます。肌質によってはニキビができやすくなることがあります。

 

クレンジングオイルはなぜ洗浄力が高いのか?

 

洗顔

クレンジングオイルの洗浄力が高いのは、ミルクやジェルといった他のクレンジング剤に比べ、界面活性剤が多く使われていることにあります。

 

そもそも界面活性剤とは、水と油を混ぜ合わせるために必要な成分ですが、これこそ必要以上に洗浄力を高め肌を荒れさせる原因です。クレンジングはメイクとなじみ汚れを浮かせる過程と、その浮かせた汚れを水やぬるま湯で流す過程に分けられます。

 

クレンジングオイルはメイクとなじみが良いですが、オイルを肌から落とすために界面活性剤が多く必要です。つまり、界面活性剤の配合量の多さがオイルクレンジングの欠点です。

 

界面活性剤はオイルと混ざり合うことで、浮き上がらせたメイクを落とす洗浄の働きがあります。しかし落とす力が強すぎで、肌に必要な皮脂も流してしまいます。皮脂が不足した状態だと肌が乾燥状態になり、毛穴の広がりやニキビなど肌トラブルの原因に繋がります。

 

赤ら顔になりやすい

オイルで滑りが良くなり、指先に力を入れなくてもメイクが落ちる強みはあります。しかし、滑らか過ぎるテクスチャーで無意識に指先に力が入ってしまう場合があります。

 

洗浄成分が強いクレンジングオイルで肌をこするということは、肌に必要な潤いまで落とすということです。滑らかすぎて擦ってしまうのも肌に悪いといわれるようになりました。

 

乾燥しやすい

メイクと良くなじむオイルタイプのクレンジングは必要な皮脂まで馴染んでしまい、一緒に洗い流してしまうことがあります。そのため皮脂が少ない乾燥体質の方はさらに乾燥しやすくなります。

 

これはクレンジングオイルに含まれている界面活性剤が影響しています。

 

美肌を作るためのクレンジングオイルのポイント

乳化に手間をかける

乳化とは水と油をが混ざり合った状態の事で、クレンジングオイルならこの過程が必要です。最近では塗れた手で使用できる乳化不要のタイプもありますが、この手のタイプは界面活性剤が多く含まれていることがあり、注意が必要です。

 

肌への負担を減らしてくれるのが乳化という作業です。油と水は混ざり合わない性質なので流しただけでは落ちません。クレンジング剤には乳化剤が含まれているので、本来なら混ざり合わない性質の油と水を混ぜて洗い流してくれます。ゴシゴシ強くこすって起きる摩擦や乾燥を防げます。

 

乳化のやりかたは、指先は力を入れずに滑らせるようなイメージで、くるくると指を動かし馴染ませます。だいたい1分位で済ませるようにします。オイルの付いた指先で手のひらに水を数滴たらして30秒ほどなじませます。透明のオイルが水と混ざり合い、乳液のように白っぽく変わる状態が乳化します。

 

水の量はほんの少しだけでいいです。もし足りないようなら数滴ずつ足します。ちょっとずつ足していくといいです。乳液のような軽い質感に変わり、肌全体が白っぽくなったら乳化のサインです。あとはすすぎ残しがないようにします。

 

美容オイルが配合されている

最近ではスキンケアを化粧水とオイルだけのシンプルケアにするだけで、健康な肌を作る美容オイルも注目を集めています。高品質なクレンジングは希少な美容オイルが含まれていることが多いです。毛穴の汚れを落とすと同時に、肌への効果的な成分を与えられ美肌効果を期待できます。

 

ここからは、スプーン・スプーンから発売されたばかりの「パーフェクト ピュア クレンジングオイル」が良かったので紹介させていただきます。

 

クレンジングオイルの欠点をカバーしたスプーン・スプーンのメイク落とし

スプーン・スプーンのクレンジングオイル

 

クレンジングと洗顔で不要な汚れのみを落とし、必要な潤いを残せばスキンケアがシンプルになります。スプーン・スプーンは肌に負担をかけない自然成分でそれを実現できました。

 

自然成分の力だけで肌本来の潤いや皮脂を残したまま、毛穴の中の汚れを浮かします。天然乳化剤の大豆レシチンで乳化させ、サラっとぬるま湯で洗い流せます。オイルなのにべたつきがないから使いやすいです。

 

パーフェクトピュアクレンジングオイルの特徴は、

・水で洗い流せる肌に優しい自然成分100%
・完全無添加、アルコールフリー(合成界面活性剤、合成香料、合成色素、防腐剤、鉱物油、合成ポリマー、合成溶剤、エタノール 無添加)
・ほのかに香る天然ラベンダーの香り
・合成界面活性剤は植物由来であっても一切不要
・自然成分の力のみで肌本来の潤いを残ししっかりメイクオフ
・オイルなのにべたつかない、つっぱらない

 

クレンジングオイルの内容

クレンジングオイルのテクスチャー

「合成界面活性剤は植物由来であっても使わない」

 

一般的なクレンジングに使われている合成界面活性剤は、肌細胞を溶かし大切な肌バリアを壊してしまうので、乾燥肌やしわの原因になるといわれています。

 

天然100%のクレンジングといっても、実は植物由来の合成界面活性剤を使っているものがほとんどです。しかし植物由来でも天然由来でも、出来上がった合成成分は同じ性質や働きを持っているため、肌に対する有害性にも差がありません。

 

パーフェクトピュアクレンジングオイルは石油由来はもちろん、植物由来であっても合成界面活性剤を一切使用していません。肌バリアを守られるので肌に負担をかけることがありません。

 

自然成分だけでなぜメイクが落ちる?

合成界面活性剤だけでなく鉱物油や合成香料、合成色素、防腐剤、合成ポリマー、合成溶剤など化学合成成分を一切使用していません。自然成分のみで肌本来の潤いを保ちつつ、目穴の中のメイク汚れをすっきり洗い流します。

 

合成界面活性剤を使っていないのにメイクとしっかり落とす秘密は、大豆に含まれる天然成分レシチンです。4種類の上質な美容植物オイルが肌の潤いを保ちながらメイク汚れを軽く浮かせて大豆レシチンで乳化させ、水でさっと洗い流すことができます。肌にべたつきも残りません。

 

全成分(キャリーオーバー成分も全て表示):コメヌカ油、スクワラン(オリーブ由来)、ホホバ種子油、ツバキ種子油、水添レシチン(大豆由来)、ローズマリー葉エキス、ラベンダー油、トコフェノール(大豆由来)、水

 

大豆レシチンは汚れが落ちるの?

大豆レシチンは安全な植物性の乳化剤として知られています。人間の全身60兆個の細胞膜の50%がレシチンです。クレンジングオイルに使われるレシチンは大豆から抽出された大豆レシチンで、水と油を混ぜ合わせる作用がある成分です。

 

一つの分子内に親水性の部分と親油性の部分を持ち、肌への密着性や成分の肌への浸透性を高め、肌を若々しく保つ効果があります。水添とは、天然レシチンは不安定で酸化しやすいため、このままでは腐りやすくなります。水素により安定化処理(水添)し、酸化(腐る現象)しないようにしています。

 

合成界面活性剤よりはるかに安全といえます。肌に抵抗なくスッと馴染むのでおすすめです。

 

クレンジングオイルの使い方

乾いた手に3mlほど出して乾いた顔全体に広げ、ゆっくりマッサージするようにメイクになじませていきます。さりげないラベンダーの香りが穏やかな気分になります。

 

オイル特有のべたつきがなく、マイルドな使い心地がとても印象的でした。使ってみると今までのオイルクレンジングとは明らかに違うのが分かります。肌への優しさが込められています。

 

注意点として、使用前に顔や手が濡れているとメイクが落ちにくくなります。必ず乾いた手や顔に使用することです。目元、口元のポイントメイク、角栓が気になる小鼻回りは念入りにくるくるなじませるのがポイントです。

 

ウォータープルーフのマスカラなどは落としきれない場合があるので、専用リムーバーの使用が望ましいです。最後にぬるま湯で洗い流します。熱いお湯は乾燥肌の原因になるので、お湯よりも水に近いぬるま湯で洗い流すようにします。

 

大豆レシチンの力で乳化がしやすく、コメヌカ油、ホホバ種子油、ツバキ種子油など美容オイルが豊富なスプーン・スプーンのクレンジングオイル。使用感が良いことから評判が良い商品です。

 

まとめ:肌トラブルはクレンジングを見直すサイン

クレンジング後に肌が突っ張ったり痒くなってしまっていたら、クレンジングを見直す時期にきているかもしれません。

 

毎日使うクレンジングだからこそ、自分の肌に合うものを使いたいものです。普段使ってるクレンジングが自分に合っているのかどうか、ぜひ見直してみて下さい。

 

スプーン・スプーンのクレンジングオイルは、しっかりメイクオフとしっとり潤う使い心地を両立。今までのクレンジングオイルの欠点をカバーされているので使いやすいです。

 

あなたの肌トラブルの悩みがなくなることを願っています。

当ブログ人気商品

キミエホワイトプラス(シミに効く医薬品)

シミやそばかすをすぐに消すことは無理でも、日々の積み重ねで改善していくことは可能です。飲み続けることで全身の効果が期待できます。このまま何もしないでいると日焼けしてシミが目立つばかりか、シミのせいで年齢より老けて見られてしまいます。化粧で隠そうとして厚塗りするよりも、内側からのケアが必要です!

ホワイトニングリフトケアジェル(美白マッサージジェル)

 朝と夜に簡単なマッサージをするだけで、シミに効果的なホワイトニングリフトケアジェルは、厳しい検査を受けて認可を受けた医薬部外品の美白ジェルです。忙しい毎日でスキンケアを簡単に済ませたい方にもぴったりで、シミやハリ不足を本気で解決したい方におすすめです。

ナールスピュア(エイジングケア化粧水)

 2017年7月、ナールスピュアが新しくなりました。テクスチャーのさっぱり感は残しながら、ほんの少しだけしっとり感が増しています。他の化粧品との違いは浸透力の高さで、肌なじみが抜群です。遂に化粧水もここまできたか、と感動しました!

-クレンジング

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2019 AllRights Reserved.