美容オタクによる素肌美人になるための40代美容ブログです。敏感肌、乾燥肌でも使用できるコスメや口コミで評判のスキンケアなど、女性がきれいになる美容情報です。読むだけでアンチエイジング!

スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信

体内美肌

ビタミンAで皮膚が丈夫に!乾燥・シワ・ニキビ肌が改善できます

投稿日:2015年2月16日 更新日:

乾燥肌の対策

美肌作りのために意識して食事に取り入れたいものに抗酸化力のある食品を取り入れたいですが、その代表的なものにビタミン類があります。ここではビタミンAについてご紹介します。

 

ビタミンAは、皮膚や粘膜を丈夫にする効果があるのをご存知ですか?細胞を正常に活性化させ、正常な粘膜の形成にも役立つので、皮膚の作り替えに必要なものなのです。不足すると正常なターンオーバーが行われずに、肌が乾燥したりガサガサになったり、シワが増えたりします。

 

しかもビタミンAは、ニキビ治療を強力にサポートする力もあるのです。口の周りからあごにかけてできるニキビは鉄分不足が原因ですが、鼻やおでこにできるニキビにはビタミンAが効果的です。

ひどいニキビで悩んでいた人の話

ひどいニキビで悩んでいた人の話です。クリニックで大量のビタミンAを摂取するように指導されたので、これを続けたところ3年後にはすっかりニキビは消えて、しかも、治らないと言われるニキビ跡まで改善できたそうです。

 

ミカンやオレンジの皮のような凸凹肌も、ビタミンAを摂取することで2~3ヶ月で改善するそうです。ビタミンAの必要な量は人によって様々で、食事で充分な人もいれば、サプリメントを併用しなくてはならない人もいます。

 

ビタミンAが含まれるのは豚レバー、鶏レバー、ウナギなどの動物性食品、体内でビタミンAに変わるモロヘイヤやカボチャ、人参に含まれるβ-カロテンがあります。油性のため、油と一緒に摂るほうが吸収率が高まります。

 

レチノールという成分について

レチノールはビタミンAの一種で、肌のコラーゲンを増やす代表的な成分ですが、目元の小ジワや浅いシワに効果的であると言われています。油溶性なのでアイクリームなどに配合されていることが多く、効果が高いが刺激が強い面があるので、肌が弱い人には要注意です。

 

私はレチノール誘導体を配合しているアイクリームを時々使用していますが、今のところ、これが原因で肌が荒れたりしたことはありません。

 

肌の内側から新陳代謝を高めるビタミンA誘導体

ビタミンA誘導体としてしわを防ぐ効果が最も高いのは、皮膚科医が処方する「トレチノイン」です。化粧品で使うのは作用がより穏やかな「パルチミン酸レチノール」「酢酸レチノール」です。真皮層の繊維に働きかけてターンオーバーを促し、しわを改善する効果があります。

 

しわ対策コスメの流行

コスメで一時期流行したのは、しわを改善する、いわゆる「塗るボトックス」のようなペプチド成分ですが、現在は下火になっています。今は一瞬しわがなくなったように見せるコスメが流行しているようです。

 

ハリ感の強い増粘剤のような成分と、光を当てたときに影ができにくい球体を組み合わせた化粧品だと思われます。これは根本からしわを改善したり予防するものではなく、見た目のマジックを利用した製品と思われます。

 

流行りすたりはあるものです。機能性成分を競い合う化粧品業界では、必ずブームが起こるものです。

-体内美肌
-

Copyright© スキンケアで素肌美人!キレイを目指す美容通信 , 2019 AllRights Reserved.